W 「vin & vino, wines of the world, with you!」

新着イタリア便 速報!

新着イタリア便 通関切れましたので、新顔をご紹介します!
a0157027_2272443.jpg

ジャーン(って古)。今回も面白いワインが揃いました。

まずは、
a0157027_22102663.jpg

テレンツォーラ(イヴァン・ジュリアーニ)のヴェルメンティーノ。イタリアン リヴィエラより。
香り高いヴェルメンティーノです。

同じくイヴァン・ジュリアーノのプロジェクト、ジュリアーニ・エ・パジーニの
a0157027_22132620.jpg

チンクェ・テッレ。同DOCのワインの中ではキレイ目な方だと思いますが、じわじわ手作り感がでてきます。

そしておなじみ(?)アルベルト・テデスキの
a0157027_22191048.jpg

ピニョレット 2007! 
お花畑感は残しつつもラベルが変わり、スプンゴラ&ベッラリア(各1ha)の畑名も入りました。
相変わらず「濃い~」ピニョレット。07もとっても気になるワインです。

白 3種類を並べてみると、
a0157027_22233511.jpg

こーんな感じ。色合いでイメージも沸いて来るのでは?

次は、フォルテト・デッラ・ルーヤの
a0157027_22245822.jpg

モン・ロス。 チャーミングな赤です。 ラベルは、ピンクがかってますね。

a0157027_22295469.jpg

レ・グリーヴェは、2008になりましたよ。相変わらず堂々としたワインです。
a0157027_22352626.jpg

やっぱりこんなお料理を想い出してしまいます。(あのリストランテはおいしかった。。。)
(トリュフの産地だけあって、トリュフとも相性良いですよ。トリュフは森がないと生えないそうです。)

そして、真打は、
a0157027_22432557.jpg

グッリエーリのネロ・ダーヴォラ 2種。
コロス(=少年)とラ・ファーヴォラ(=寓話)。
かわいいのと、深いミネラル感という好対照な2本です。

ラ・ファーヴォラ、とても好みなネロ・ダーヴォラです。豊かな果実味はあるのですが、それを上回るミネラル感が後味をキュっと引き締めてくれます。懐の深いワインだと感じています。
今回の新着便、もちろんどれもオススメなのですが、僕の好みではこれがイチオシと言ってしまいましょう。。。

ぜひ触れてみてくださいね!

あ、ラ・ジェルラのグラッパ忘れてました・・・。
a0157027_2248167.jpg

グラッパ・ディ・ブルネッロ!
香りも味わいも豊かですが、後味はしっかりドライ。
甘さをかんじさせない、粋な造りです。

そしてオマケはコチラ ↓



a0157027_231191.jpg

この先へ向けてのサンプル達。こちらも楽しみ。

そして撮影中、
a0157027_2333667.jpg

画面に入って来ようとする少年。(というかチビッコ。)

a0157027_234478.jpg

そして、お姉ちゃんも。

a0157027_2354888.jpg

アハ!


(楽しんでいただけたかなあ。)
たまに電話中、チビッコや猫の叫び声が入ることがありますが、気にせず、強い意志をもってお問い合わせいただければ幸いです(笑)。 (半分、主夫なタイミングがあるのですみません!)
[PR]
by w-inc | 2010-10-02 22:51 | Vino
<< Azienda Agricol... ある日の祥瑞、そしてFESTIVIN >>