W 「vin & vino, wines of the world, with you!」

<   2013年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Season's Greetings !!



2013年も素敵な出会いに恵まれました。

新規取り扱いの蔵はだいたい落ち着いたかと思った2012年。
でもペルスヴァル、カスタレードに出会ってしまった2013年。

元々 W 立ち上げの時、コンセプトとして考えたのは、
「ワインをとりまく素晴らしい世界をご紹介すること。」

いずれもワインつながりの2つの蔵。チャレンジしないわけにはいきませんでした。

初のプレスリリースも経験しました。
強力なサポーターとなってくれた関係者の皆さんに感謝しています。
(ワイン、カトラリーともに体感していただける貴重な会になりましたし、記事でも取り上げていただきました。)

各地での試飲会、深める会、部活動(笑)、そしていずれも個性が出て面白かった食事&ワインの会、そして2013年は、bar buenos aires 吉本さんとの出会いもあり、ワインとお料理だけでなく、ジャンルを超えた会を数回経験することができました。

僕が音楽とワイン&食事などのコラボの会をさせていただいたときに感じたのは、違うジャンルでも感覚的に近いものを扱っている人、好きな人達がいて、そういう人たちとつながることで波紋のような広がりが生まれること。

自分で勝手に世界を狭くしていた枠を取っ払う事で、もっとダイレクトに感覚でつながれる気がしています。自分が好きなワインに近い音楽、ファッション、アート、お皿、食材、ライフスタイル・・・、もちろんコーヒーや日本酒などの飲み物、そしてお料理も。

ただの物ではなく、 人が携わった温かみのあるモノ、味わいのあるモノとして、必要としている人にちゃんと届くように。届けられるように。

自分自身、これまで通り納得できる内容で、(でももうちょっとテキパキと)仕事を進めていくつもりです。
(スタッフの飯吉は、いまの感じで皆さんにいじっていただけると、もっと伸びていくと思いますので、よろしゅうお願いします。)
課題の資金力とマンパワーは、一緒に面白いことを企める人を探しています。
(資金力は、地道な営業活動を充実させることでなんとか。。)

資金・体力的に、社員としては、見込みのある人を一人ずつと思っていますが、考えてみたら身近にタレントがたくさんいますので、社外のタレントにも今後はもっと頼らせていただこうと思っています。(皆さま、よろしゅうお願いします。ペコリ。)

イラスト、デザイン、HTML、プログラム、音楽、お料理、アート、スタイリング、
フランス語、イタリア語などなどで W を面白くしてやろうという皆さん!
口コミで W のファンを増やしてやろうという W サポーター勝手連 の皆さん!
各地のバー、ホテル、レストラン、ワインショップに強い皆さん!
そして、日頃 W を支えていただいている皆さん!

2013年、お世話になりました。ありがとうございました!
2014年もどうぞよろしくお願いします。

(アルザス オシェールの愛馬スキッピーの癒し系な画像とともに。)
a0157027_21455262.jpg

[PR]
by W-inc | 2013-12-31 11:56 | W

日々の色合い、記憶の断片

恒例の年越しナジャでスタートした2013年。
いろんな刺激や出会いがあり、もう少しで道が見えそうな、そんな一歩手前。

キャラバンカーは実現しなかったけど、キャラバンした断片を少し。
Bar Jazz の マッキー氏の選曲で教えてもらった たなかりか さんの歌声とともに。



a0157027_21412.jpg


a0157027_231214.jpg


a0157027_1534545.jpg


a0157027_001664.jpg


a0157027_011319.jpg


a0157027_23585137.jpg


a0157027_0464996.jpg


a0157027_062561.jpg


a0157027_071526.jpg


a0157027_081489.jpg


a0157027_083477.jpg


a0157027_075491.jpg


a0157027_082664.jpg


a0157027_083776.jpg


a0157027_0113137.jpg


a0157027_0114480.jpg


a0157027_0121045.jpg


a0157027_0122957.jpg


a0157027_0123857.jpg


a0157027_0125027.jpg


a0157027_0132121.jpg


a0157027_013434.jpg


a0157027_0134855.jpg


a0157027_0151098.jpg


a0157027_0162618.jpg


a0157027_0164559.jpg


a0157027_0182885.jpg




a0157027_019260.jpg


a0157027_01936.jpg


a0157027_0191664.jpg


a0157027_0195879.jpg


a0157027_0201541.jpg


a0157027_0202952.jpg


a0157027_0204364.jpg


a0157027_0341860.jpg


a0157027_0341459.jpg


a0157027_035726.jpg


a0157027_035811.jpg


皆さんの2013年の色合いは?
心の琴線に触れる何かを探してますか。

Season's Greetings につづく。。


[PR]
by W-inc | 2013-12-31 01:47 | W

1/13 2014 Restaurant Manne x W 美食の新年パーティ

下北沢の一軒家レストラン Restaurant Manne。
一日一組、1000組限定のお店が先日1000組目のご来店を達成しました。

2014年、マナの木邨(きむら)さんは新たな展開へ向かうそう。
W が一番多く食事&ワイン会をさせていただいてきたマナさんのラストダンスに
何かやりたいねということで、大人な(大人げない?)新年会を企画することに。

いままでの会よりもちょっと豪華版で。皆さんで良い年を迎えましょう。

「1/13 2014 Restaurant Manne x W 美食の新年パーティ」
”終わりの始まりは、始まりの始まりなのだ!”
日時:2014年1月13日(月・祝日)成人の日ですね。
昼の部 11時半開場 12:00~15:00
夜の部 18時開場 18:30~21:30

会費、人数 いずれの会も会費1万円(現金でお願いします。)、
15名ずつの募集です。
(半立食スタイルですが、座って食べていただける人数です。)

食材も色々思い浮かぶこの時期、ワインも美食系、王道系も織り交ぜながら。。
マグナムメインかな?と。食後酒はアルマニャックが浮かんでます。
お楽しみに。
a0157027_16421083.jpg

(こちらは先日の La Cime さんの会での1枚。シャンパーニュも飲みたいですよねー。)

いままで会に参加できなかった飲食店の皆さんもお待ちしてます!
(ワインのリクエストあればお知らせくださいね。)

ご予約は、レストラン マナ (tel 03-6416-8716)
restaurant.manne@gmail.com
または
ダブリュー 若槻(わかつき)まで
waka1975@gmail.com
お名前、人数、連絡先(ケータイ番号)をご連絡ください。

ではお会いできるのを楽しみにしています!
[PR]
by W-inc | 2013-12-26 16:48 | イベントなど

誌面 百花繚乱 その2

またまたワイン、Perceval を取り上げていただいた誌面がたくさん届きました。
ありがとうございます!

まずは PERCEVAL(ペルスヴァル)、
a0157027_17114129.jpg

ハースト婦人画報社 ヴァンサンカンのハイエンド誌 「リシェス」の news ページで取り上げていただきました。1本1万円〜600万超えの折りたたみナイフもリリースされましたので、ご興味ある方はお問合せを!


a0157027_17194315.jpg

Men's Ex 「最高の最高」を手に入れろ! 特集では、編集部員選で Le Grand Table 縞黒檀 を選んでいただきました。重厚感、エレガントさ、ペルスヴァル テーブルナイフのハイエンドモデルです。


この後は、ワインで。
a0157027_17155491.jpg

おいしいギャザリング と シャンパン特集のこの号。
Perceval のプレスリリースでも力を貸してくれたスタイリストの岩﨑牧子さんと皆さんが大きく取り上げられていました。
シャンパン特集では、ムータルディエのシャンパン王子ウィリアムが。


a0157027_17203346.jpg

Men's Club では、シャンパーニュ ペルソンの極上のロゼが。
優しいオレンジ色のロゼ。ミネラル感、うまみともにしっかりです。年末年始にぜひ!


a0157027_21254881.jpg

リアルワインガイド最新号も届きました。
ローラン・ルブレのサセボン2012が旨安賞に!ありがとうございます。
ジル・ベルリオも推していただきました。
そして、今号から4回 リアルワインガイド発刊継続応援ページに広告を出させていただきます。初回はペルスヴァル。ぜひ本誌を購読いただければと思います。


a0157027_21245696.jpg

もう一つ、リアルワインガイド 初のオリジナルグッズが発売されました。
大判 B3の素敵なクオリティーのカレンダーです。
リアルワインガイドのサイトで限定販売されていますので、ぜひどうぞ!
http://www.realwine.jp/


a0157027_21251314.jpg

トリは、編 FESTIVIN 文 中濱潤子さんのこの一冊。
大きく取り上げていただいたロクタヴァンを始め、JFガヌヴァ、シルヴァン・マルティネズ、ブルーノ・アリオンと4軒取材いただきました。
ぜひ彼らのワインを飲みながら、ゆっくり読んでほしいな〜、と願っています。

皆さん、Merci !
[PR]
by W-inc | 2013-12-26 09:20 | イベントなど