W 「vin & vino, wines of the world, with you!」

<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Armagnac Castarède

Armagnac Castarède
アルマニャック・カスタレード 
     - 華やかさと気品、アルマニャックの伝統を伝える最古の蔵

a0157027_11585941.jpg

ボルドーの南、南西地区 ガスコーニュ地方で造られるアルマニャック。700年の歴史を誇るアルマニャックは、フランスで最も歴史のあるブランデーです。

そんなアルマニャックの最重要地 Bas-Armagnac(バ・アルマニャック)の中心部にセラーを構えるカスタレードは、1832年に登記され、2012年に180周年を迎えた、現存する最古のアルマニャック・ハウスです。



○アルマニャック
地元の品種(バコ、フォル・ブランシュ(ピクプール)、ユニ・ブラン、コロンバール)から造られたワインを蒸留し、地元のオーク樽で熟成されるブランデー。

○歴史
ローマ人が葡萄を持ち込み、アラブ人がアランビック(アルマニャック独特の蒸留器)を発明し、ケルト人が樽熟成を教えた。1870年代にフィロキセラによって壊滅的なダメージを受けたが、20世紀初頭には復活を遂げた。

○製法
昔ながらの製法で、砂糖や二酸化硫黄など何も加えられずに醸造された白ワイン。その白ワインをアランビックという特殊な蒸留器にかける。得られた液体は、アルコール度数 52 ~ 60度 となる。
そしてここから重要な熟成に入る。熟成の要素は樽とセラー。樽は、葡萄が育つのを見守ってきた地元の木材で仕立てられる(400L)。そしてセラーは、湿度が高いことが重要となる。湿度があることによって、まろやかで優美な液体が生まれ、その液体は美しい琥珀色をまとい、後にマホガニー色を帯びる。
a0157027_11592314.jpg

○カスタレードの特徴
良質の蒸留酒のみが持つ華やかな香りと澄んだ味わい、しなやかな質感。風味が豊かで、アルコール感は高すぎず、調和が取れている。

○主な取り扱い店
Plaza Athénée, Fouquet's, Le Crillon, Le Grand Véfour, L'Arpège, La Tour d'Argent, Maxim's, Le Louis XV, The Fat Duck, Karmeliet, Burj Al Arab, 他多数
http://www.armagnac-castarede.fr/en/press-review/armagnac-castarede-in-the-world

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【カスタレード】
また見つけてしまいました。ミシェル・クーヴルーと並び、素晴らしいお店でずらっと扱われているアルマニャック最古の蔵カスタレード。
正統派の妥協のない造り、120年もの(1893年!)までのヴィンテージラインナップ。圧巻です。
a0157027_1326138.jpg

彼らのスタンダードものは他の蔵よりも熟成期間が長く味わいも豊かです。
・VSOP - 華やかな香り、味わいの爽やかさ、優秀なスタンダード品です。(10年熟成)
・ナポレオン - 味わいの説得力、深み。まずはこちらをイチオシとさせてください。(15年熟成)
・オル・ダージュ - あまやかで丸みがある味わいと芯の強さ。ヴィンテージ1993より、こちらがオススメです。(20年熟成)
a0157027_13263689.jpg

a0157027_13264861.jpg

ヴィンテージものは、70年台から前のものが熟成度合い、味わい的にもオススメです。
今回は、いくつかヴィンテージものを試飲した中で抜きん出た個性を持っていた1963年(50年もの)を少量仕入れました。
トロピカルな香り、味わいも出て来ているこのヴィンテージ、オススメです。
他のヴィンテージもそれぞれ個性があり、美味しいです。
http://www.armagnac-castarede.fr/en/our-products/tasting-notes
(ヴィンテージもののコメントは、こちら ↑ を参照ください。)

レストラン 1軒に1本、一家に一本、ぜひ常備ください。

*ヴィンテージものは、受注を集めて、取り寄せたいと思います。
ご興味ある方は、若槻までお問合せください。
よろしくお願いします!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a0157027_11595325.jpg

a0157027_120630.jpg

現当主 Florence Castarède

(参考)
アルマニャックのテイスティング


グラスについて



Armagnac Castarède HP 
http://www.armagnac-castarede.fr/fr/
[PR]
by W-inc | 2013-07-10 16:23 | Vin

ひさびさの・・・新着紹介

ワインも汗をかく季節になってきましたね。
大阪では強い風が舞っています。
そろそろ梅雨も明けて、夏本番となりそうです。

さて、ちょっと前のイタリア便・フランス便のときはアップできていませんでしたが、ひさびさに新着紹介を!
a0157027_14281598.jpg

今回も気になるボトルが色々届いています。

http://winc.asia/PR/W_WineList_J.pdf

では、リスト上から。

【パコリ】
まずは、ノルマンディーのパコリです。
リンゴジュース(1L)と品切れしていた洋梨ジュース。
a0157027_14474537.jpg

懐かしい味、複雑味のあるストレート・ジュース。洋梨は ↑ 750ml ボトルになります。
通常リストに載っている、洋梨主体のカルヴァドスも華やかで美味です。


【ペルソン】
お次は、シャンパーニュ コート・デ・ブランの雄 ペルソンです。
昨年のいまごろ、蒸し暑い中、来日してくれた彼ら。
a0157027_14574669.jpg


大阪 夏のシャンパーニュ祭り、試飲会、食事会で味わった彼らのシャンパーニュの美味しさ、忘れてないですよね?
a0157027_14592264.jpg

今回の入荷で、
L’Audacieuse - Brut, Millésime 2002, Fût de Chêne, Rosé de Saignée
そして貴重な Clos des Belvals までラインナップが勢揃いしました。
(シャンパーニュに25カ所ほどしかないクロのひとつ。モノポール。)

生産量の少ないスタンダード・キュヴェから妥協せず、贅沢な造りをしているペルソン。
8月リリースの bettane & desseauves 2014 でもとりあげられるようです。
いま注目の造り手です。夏場もよろしくお願いします!


【シルヴァン・マルティネズ】
W のラインナップの中でも一番人気のガズゥイ。
http://www.elle.co.jp/atable/pick/picnicwine_0510/1
エル・オンラインでも素敵な文章を書いてもらってますが、2011年は、さらに泡控えめの微々微々発泡です。味わいは相変わらず、旨みたっぷりの甘酸っぱ系です。
たぶん今回の分は、早々になくなると思うので、また追加したいと思ってます。

ふー、書きたいことがたくさんあって、なかなか進まないですね。


お次は、【ローラン・ルブレ】
a0157027_1525473.jpg

初リリースの白ワインとサセボン、オネスルサーブルに続く第3の赤ワインが登場します。飲み心地とコクとを持ち合わせたワインです。
「第3の(ワイン)男」的なラベルもお楽しみに!


【リエッシュ】
a0157027_15263572.jpg

2010年のワインに2011年の絞ったジュースを加え、瓶内2次発酵を経て仕上げた「どすこい」クレマン。今回は、ブリュットです。好評の「犬と狼」は、ピノ・ブランとオーセロワという近い品種を犬と狼という近い種で例えています。
樹齢70年ほどのシルヴァネールは、お料理との相性でも好評いただいています。もう定番ですね。僕がリエッシュのラインナップで一番好きなシュタインは、2011年ヴィンテージが入荷します。
伸びる余韻、エレガントなんです。


【シャトー・ラ・コロンビエール】
フィリップ&ディアンヌが仲良く、丁寧に仕上げるワイン。
a0157027_15272255.jpg

忘れ去られていた古代品種を手入れして仕上げた希少な白ワインが入荷します。
フロントン レゼルブは、2011年もしなやかな彼らのスタイルです。

あと二つ、お付き合いください。


【アルマニャック カスタレード】
また見つけてしまいました。ミシェル・クーヴルーと並び、素晴らしいお店でずらっと扱われているアルマニャック最古の蔵カスタレード。
正統派の妥協のない造り、120年もの(1893年!)までのヴィンテージラインナップ。圧巻です。

a0157027_15322973.jpg

彼らのスタンダードものは他の蔵よりも熟成期間が長く味わいも豊かです。
VSOP 華やかな香り、味わいの爽やかさ、優秀なスタンダード品です。(10年熟成)
ナポレオン 味わいの説得力、深み。まずはこちらをイチオシとさせてください。(15年熟成)
オル・ダージュ あまやかで丸みがある味わいと芯の強さ。ヴィンテージ1993より、こちらがオススメです。(20年熟成)

a0157027_15293218.jpg

a0157027_16205530.jpg

ヴィンテージものは、70年台から前のものが熟成度合い、味わい的にもオススメです。
今回は、いくつかヴィンテージものを試飲した中で抜きん出た個性を持っていた1963年(50年もの)を少量仕入れました。
トロピカルな香り、味わいも出て来ているこのヴィンテージ、オススメです。
他のヴィンテージもそれぞれ個性があり、美味しいです。


そして真打ちは、【ミシェル・クーヴルー】
先日、祐天寺 margoさんで、ミシェル・クーヴルーの秘蔵DVDを上映しながら、フルラインナップを味わう会を開きました。1本1本、個性がでていて、味わいの世界が広いんです。1杯、一口の中に味わいの変化、ゆらぎと波紋が広がります。

彼は、「味わいの秘密は葡萄の要素を生かすことだ」と言っていました。
シェリー樽にしみ込んだ葡萄、ワインの味わいをウイスキーに移し取ること。
だから彼のウイスキーは、こんなにワインを感じるわけなんですよね。
そんな彼の秘蔵の品、今回も一期一会のアイテムが入荷しています。

2003 X 2013 
2003年に仕込んだクリアラックとなるべきウイスキーを味わってみると、特別な味わいが出ていた。そこで彼らは、10年に渡ってその樽で熟成をかけ、ようやくリリースとなったシングル・モルト。
幻となってしまった彼の最初の作品「シングル シングル ベレ・バーレー」に通じる特別な香りと豊かな味わいを持っています。(僕の中では、ベレ・バーレーを仕込んだ樽で熟成されたものなのではないかと推理しているのですが。。。あくまで推測!です。そのくらい風味が似ています。)
120本限定です。

a0157027_1536126.jpg

Spiral (スパイラル)
彼らと親交のあるジュラ アルボワの造り手ステファン・ティソ。2012年のルネッサンスの試飲会の際に会った方も多いのではないでしょうか。
ミシェル・クーヴルーでは、ステファン・ティソのヴァンジョーヌ樽を譲り受け、仕上げる ヴァンジョーヌ・クリアラック というアイテムがごくたまにリリースされるのですが、今回のスパイラルと名付けられたものは、ステファン・ティソのヴァン・ド・パイユ(陰干しの甘口ワイン)樽熟成(18年!)なのです。
ミシェル・クーヴルー × ステファン・ティソのスパイラル(渦)、Life is spiral !
24本限定です。

ふー、なんとか辿り着きました。

心の余裕が生まれたので、おまけ。
a0157027_1645982.jpg


アルマニャックのヴィンテージもの、Perceval のカトラリーは、受注を集めて発注となります。ご興味ある方は、若槻までお問合せください。よろしくお願いします!
[PR]
by W-inc | 2013-07-05 16:18 | Vin