W 「vin & vino, wines of the world, with you!」

<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Season's Greetings !!


♪Kenny Rankin / Blackbird♪

クリスマスは過ぎてしまいましたが、フォルテト・デッラ・ルーヤ、オシェール、そして Wからのカードをどうぞ!
a0157027_12263718.jpg

a0157027_12263833.jpg

a0157027_1655521.jpg


7月の飯吉の加入で「インポーターひとり」から「インポーターふたり」になった2011年。ようやく動けるようになり、12月にはフランスをぐるり。
a0157027_13462933.jpg

a0157027_13471243.jpg

a0157027_13472427.jpg

a0157027_13474278.jpg

a0157027_13475445.jpg

そして明けた2012年鎌倉でスタートを切り、またもやフランスへ。
課題だった中南部フランスを中心にラインナップが充実するも、資金力が十分でなく、なかなか思うようなタイミングで仕入れができませんでしたが、Wの造り手達のワインを楽しんでいただけたでしょうか?

2012年は、造り手の来日ラッシュでもありました。
2月に取り扱い前のベルトラン・スルデ(スペイン、リベラ・デル・ドゥエロ)
a0157027_1404852.jpg


3月は、Vini Japon で アルベルト・テデスキ(ボローニャ)。
a0157027_141635.jpg

a0157027_1415072.jpg

ヴィナイオータ&チーム東北とのツアー、激しかったなぁー。

7月は、大阪でのシャンパーニュ祭りに合わせて ドミニク&サンドリーヌのペルソン夫妻。
a0157027_1426651.jpg

a0157027_14261766.jpg

a0157027_14262939.jpg


そして11月は、ルネッサンスの会に合わせて、アリス&シャルル、オクタヴァン(ジュラ)もやってきました。
a0157027_14334082.jpg

http://winc.exblog.jp/16874062/

みんないい顔で帰ってくれたと思います。
(飯吉も通訳にアテンドにと頑張ってくれました。)
(Vini Japon ツアーとペルソン ツアーは、レポートできてませんでしたが、後日 写真をアップしたいと思っています。)


試飲会、食事会&ワイン会もたくさんお誘いいただきました。
全国各地での試飲会&夜のワイン会の他、下北沢 Restrant manneさんでのアルザス会、フランス周遊の会、かなめさんの会、Canteenさんの会、margoさんの大人な会、usuisuさんでのインポーターweek、のだやさんのオクタヴァンの会、鎌倉でのTerra! Terra! Terra!、各地での満月ワインバー、Beau Paysage 岡本さんとアルフィオーレ 目黒さんの会、ゴッチャポントさんでのBBQの会、奈良でのカルニバーレ、シェフェスタ、大阪 Le Bon Marcheさんでのアルザス会などなど、そして FESTIVIN。
ご参加いただいた皆さん、ご協力いただいた皆さんに感謝します!


苦しみながらもなんとか3回目の年末を迎えることができた W ですが、2013年も「旅するインポーター」として キャラバンを続けてゆきたいと思います。
a0157027_15281746.jpg

a0157027_15283076.jpg

(ワーゲンバス キャンパーで Caravan・・・、こんなのが夢です。)

シャブリのアドリアン・ルーのおばさんは、ドメーヌでのワイン造りのほかに、「cave vagabonde」というユニークなワイン販売を計画していました。それは、冬場にCaroline号という小さめの船でワインを積んで、セーヌ川・マルヌ川を行き来し販売するという旅人スタイルでした。

僕も「importer vagabond」として、試飲用ワインを車に積んで東へ西へ点々と移動することができるかも知れません。

寒い時期は、西へ南へ。涼しい時期は東へ北へと。
歩いて旅する感覚で。

小規模の会や個別訪問をしながら旅まわりをして、知ってもらい、感じてもらいたいと思っています。

近場から動き出してみます。皆さんご協力のほどよろしくお願いします!

 W 若槻

p.s.
みなさん、かんぱーい!!
Everyone, Cheers! Santé! Evviva! ¡Salud! KANPAI !!
a0157027_12513882.jpg

[PR]
by w-inc | 2012-12-30 15:56 | W

肉好きインポーター!

ただいま発売開始の料理通信1月号で、オータ社長とともに肉料理×家飲みワインのページで取り上げていただきました。ありがとうございます!
a0157027_16593047.jpg

ダ・オルモさん、佐々木ケイさん、井川さんも大活躍ですね。
肉×ワインの食卓、お楽しみください!
[PR]
by w-inc | 2012-12-08 10:56 | Media

いよいよ FESTIVIN !!!

先日のFESTIVIN、お越しいただいた皆さん、ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました!素敵な面々と共に会に携われて光栄です。来年もまた楽しみたいですね。フェスティヴァーン!!

さあ皆さん、いよいよFESTIVINの時間ですよ。
チケットの準備はOKですか?
a0157027_1711336.jpg

http://festivin.com/
当日券は、1部、2部とも100枚ずつだそうです。
(*僕の手元のチケットは売り切れてます。)

W ブースでは、
葡萄酒蔵ゆはら 湯原さん
https://www.facebook.com/wineyuhara

すずじゅん こと 鈴木純子さん(1部)
http://blogs.elle.co.jp/suzukij/2012/11/festivin_2012/?voted=1

下北沢 レストラン マナ 木邨(きむら)さん(2部)
http://restaurant-manne.jimdo.com/

名古屋 Vinvino スタッフ 花井さん(2部寄りシフトで)
https://www.facebook.com/pages/vinvinoヴァンヴィーノ/250599325005981

という素敵な助っ人&飯吉、若槻、そして15種のワインで皆さんをお待ちしています。
一緒に楽しみましょう!

p.s.
a0157027_175960.jpg

http://winenadja.exblog.jp/
こちらのムッシュは、フェリチタの永島さんとともに有料ブース担当だそうですよ。

有料ブース、Wからは、
a0157027_21112286.jpg

http://winc.exblog.jp/15616075/
こちらを出品予定です。
お楽しみに!
[PR]
by w-inc | 2012-12-06 16:17 | イベントなど

Domaine de l'Octavin 来日レポート

(記事 by 2年目ルーキー 飯吉(いいよし))

11月12日から16日までフランス・ジュラ地方 ドメーヌ・ドゥ・ロクタヴァンのアリスとシャルルが来日しました。来日中の彼らの様子を写真を交えながらレポートします。
(彼らの人柄を感じ取ってもらえれば・・・。)

12日(月)成田空港で無事合流しました。
長旅の疲れもあまり見せず、第一印象は・・・・”素朴な、落ち着いた雰囲気”。

13日(火) ルネッサンス・デ・アペラシオン
ちゃんと眠れたのか心配になりましたが、元気な姿で会場入り!
a0157027_14332071.jpg

同じジュラ地方からの友人たちとの開場前の微笑ましい時間。
(話題はステファン・ティソのpop写真!)

そしていよいよスタートです。
a0157027_14375013.jpg

たくさんの方々にブースに足を運んでいただきました。
(ブースに居ない時間もありましたが・・・。会えなかった方、すみません。)

11月19日から販売を開始した新着のアイテムや今後入荷予定のアイテムなど9アイテムを出品しました。中でも”小人のワイン”で親しまれている、アルボワ - レ・コルヴェ。
このラベルの秘密をアリスがそっと教えてくれました。
a0157027_14471359.jpg

ワイン名の【Corvées de trousseau / コルヴェ・ドゥ・トゥルソー】
このラベルをよく見てみると・・・・・。小人が持っている針金、穴(くぼみ)とバケツを描いています。 フランス語で穴(くぼみ)を”トゥル”、バケツを”ソウ”と言います。続けて読んでみると、【コルヴェ・ドゥ・トゥルソー】ワイン名が表されています。遊び心満点!と思ってもう一度ラベルを見ると、小人はバケツを持っていて、その隣には穴(くぼみ)が・・・。ラベル全体でワイン名を表していたのですね!(おぉぉぉぉ、っと思わず納得してしましました。)

Boire du trousseau n'est jamais une corvée(←この文章もラベルに書かれています。)
このトゥルソーはコルヴェという区画名の畑に植えられています。コルヴェとはつらい仕事などと訳されます。
”トゥルソーを飲むことはつらいことではない!”
一口飲んでみればその意味が分かるはずです。スルスルと飲めてしまう柔らかな味わいです!

その夜は、メリメロさんで楽しいひととき。
a0157027_1465475.jpg

宗像シェフ、ありがとうございました。

14日(水)オクタヴァンの会@渋谷 Libertin
a0157027_1531815.jpg

スペシャルゲストも現れました!
a0157027_1535774.jpg

友人でもあり、シャルルが心から尊敬する生産者の一人、ジャン・マルク・ブリニョ。

会が始まる前に、来年9月に、誠文堂新光社からフェスティヴァン編として出す生産者たちのガイドブックのための取材。中濱さんとのやり取り。真剣な彼らの眼差しが印象的でした。
a0157027_15111953.jpg


取材が終わり会が始まるまでの時間で、まずは”乾杯!”
a0157027_15121860.jpg


そしていよいよオクタヴァン・ナイトがスタートです!
a0157027_15132830.jpg

会が始まりまだまだ、緊張気味でしたが、

参加の皆さんとリベルタンのつくりだす雰囲気、お料理、ワインで
a0157027_14292771.jpg

(紫藤シェフがこの日のために用意してくれた、モンドールのオーブン焼きも美味しかった!)

a0157027_1494766.jpg

とても柔らかな空気へと変わっていきました!

彼らがスピーチしたときに印象に残った言葉 
「自然の恵みであるワインは、友人や家族とシェアして楽しむのが一番!」
ぜひそのように楽しい時間を共有していただければ幸いです。

15日(木) 鎌倉での素敵な時間
a0157027_10514076.jpg

石井さんご夫妻とチーム鎌倉の皆さんが素敵な1日を彼らにプレゼントしてくれました。

まずは、こちら!!!
a0157027_15214258.jpg

(シャルル、来日以来一番の笑顔です)
a0157027_1523244.jpg

鎌倉 竹の寺として人気の報国寺さんそして、覚園寺さんへ。

その日は夕日がとてもきれいでした。沈む前に一目散で浜辺へ、そして・・・・。
a0157027_15264731.jpg

クレマン・デュ・ジュラ パパゲーノで"KANPAI!"

a0157027_15274998.jpg

ビーノ (binot)阿部さんご夫妻の息子さんたちと全く同じ年の2人の息子を持つ彼ら。お母さんとお父さんの顔になっていました。(来日中、息子たちからのかわいいメッセージを楽しみにしていたのできっと会いたくなったのでしょうね・・・。)
a0157027_15311232.jpg

最後は、石井さんご夫妻のお宅に招待されホームパーティー。美穂さんのお料理にアリスの興奮マックス!でした。特に調味料に興味深々。『これは何?何からできているの?』
たくさんの調味料や食材をお土産にしていました。今頃、フランス ジュラの地で日本食に挑戦していることでしょう!

取扱いをスタートさせて1年の節目での来日。とても短いスケジュールでしたが、純粋にワイン・自分に向き合う彼らの姿勢が飲む人をやさしく包み込むようなワインを造り出すのだと、改めて実感することができたように思います。少しではありましたが、彼らの”ほっこり”した人柄が伝わればと思います。

日本語をたくさん覚えてフランスに戻っていきました。その中できっと彼らが大好きな言葉が、”乾杯! KANPAI!”この言葉と共にオクタヴァンのワインを楽しんでいただければ幸いです。
(しかしながら、新着アイテム含め在庫が少なくなっております・・・・。お早目に手に取ってみてください。)

最後になりましたが、彼らの来日にあたり関わっていただいた全ての皆さまに心からの感謝申し上げます。
[PR]
by w-inc | 2012-12-04 14:40 | イベントなど