W 「vin & vino, wines of the world, with you!」

<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Bodegas Antídoto

エルナンド & スルデ ボデガス•アンティドート
Hernando & Sourdais Bodegas Antídoto

●産地:スペイン  リベラ・デル・ドゥエロ

「ワイン遺産と言うべきブドウ畑と伝統を生かした、端正なティント・フィノ」

a0157027_14341556.jpg


アンティドートは、リベラ・デル・ドゥエロの東部、海抜1000mに多数点在する、フィロキセラの害を免れた小区画の古樹から生まれる特別なワインです。私たちは、このエリアの古いブドウ畑で有機栽培を行いながら、1種類の赤ワインのみを造り出しています。

アンティドートは、ベルトラン・スルデと、ダビット・エルナンドの二人が運営しています。ダビット・エルナンドは、主に畑作業を担当しています。

主に醸造を担当しているベルトラン・スルデは、フランス・シノンにあるドメーヌ・ド・パリュのオーナーでもあります。2000年から2010年の間、ドミニオ・デ・アタウタにおいてワイン造りに携わってきました。

(ワイナリー遍歴)
1996年 シャトー・ムートン・ロートシルト
1997年 シャトー・レオヴィル・ラスカーズ
1998年 プリオラート アルバロ・パラシオス、チリ サンタ・リタ
1999年 ポムロール シャトー・ネナン
現在は、アンティドートとドメーヌ・ド・パリュの両方を運営しています。

a0157027_14351615.jpg


リベラは基本的に大陸性気候であるといえます。東部は山に覆われた大陸型で、冬は寒く、乾燥しており、降雪もあります。

4月から5月にかけて遅い春がやってきますが、気温はまだ低く、霜が降りる恐れもありますし、雨が多く降ります。夏は乾燥し、よく晴れ、夜間には気温は20度ぐらいまで下がります。秋は乾燥し、気温が急低下して寒くなります。

2000年前からほとんど変わっていないブドウ畑、豊かで芸術的とも言えるリベラ・デル・ドゥエロ東部のワイン遺産を尊重して、私たちは、アンティドートを造り出しています。したがって、この古いブドウ畑では、機械化することは不可能で、全ての作業は手作業で行われています。私たちは、歴史と古いブドウ畑に学びながら、伝統を守ってゆかなくてはならないのです。

a0157027_14371262.jpg


醸造では、抽出が強くなりすぎないように、丁寧にマセレーションを行い、熟成では、ボルドーの優良シャトーで2、3年使用した古樽を用い、樽の風味がワインの味わいを邪魔しないように注意しています。

a0157027_12124239.jpg

Antídoto(西) = Antidote(英)= 解毒剤、血清の意

a0157027_12125699.jpg

ベルトラン・スルデ

////////////////////////////////////////
【Antidoto 2010】
特別スペインを探していたわけではないのですが、
縁があり、ロワールからつながったAntidoto。
Antidoto のプロジェクトは、共同経営者のダヴィッド・エルナンドが畑担当、
ベルトランが醸造および作業内容の的確な指示を行い、ロワールとリベラ・デル・ドゥエロを行ったり来たりしています。

畑は、標高1000M、フィロキセラの害を逃れた古木が多く残っています。
「Antidoto は、カルトワインではなく、ナチュラルな風味を大事にしたワイン。
ティント・フィノの魅力を素直に引き出そうとしている。」とは、この春 大阪に来てくれたベルトランの言葉。

端正で、バランスが良く、深く伸びるミネラル感も魅力的なワインです。
8月中旬からリリースとなります。お楽しみに。
////////////////////////////////////////
[PR]
by w-inc | 2012-07-25 23:09 | Vino

W ワイン会@グレープ・ガンボ with PERSON

*おかげさまで和やかな雰囲気の中、楽しんでいただけたと思います。
ご参加いただいた皆さん、ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました!


来日中のシャンパーニュの造り手 ペルソン。
当主のドミニクとサンドリーヌと一緒に彼らのシャンパーニュ、グレープガンボのお料理、W取り扱いのワインを楽しみませんか?

日時:7月19日(木)19:30ー22:30(19時開場)

場所:グレープ・ガンボ 2F (銀座、三原小路)
東京都中央区銀座5−9−6
tel : 03-3569-7388

会費:7000円(お料理&ワイン)、ビュッフェ形式

募集人数:20名

a0157027_17554336.jpg


ワインは、ペルソンのシャンパーニュ他、マグナムボトルを中心に。気になる新顔も。
グレープ・ガンボさんのお料理もお楽しみに。

参加ご希望の方は、W代表アドレス atelier@winc.asia 
または、twitterで  @gypsywaka までDMにて
お名前、連絡先(携帯電話)、お申し込み人数をお知らせください。
(メールをいただきましたら、必ず返信しますので、返信が来ない場合は
W 若槻 090-6006-8725  までお知らせください。)

ご参加、お待ちしています!

ペルソンの記事は、コチラ↓
http://winc.exblog.jp/9920569/

p.s.
ワインの内容をアップします。
Person / L'Audacieuse - Brut
ペルソン / ローダスィウーズ ブリュット

Person / L'Audacieuse - Millésime 2002
ペルソン / ローダスィウーズ ミレジメ

Person / L'Audacieuse - Fût de Chêne
ペルソン / ローダスィウーズ フュ・ド・シェーヌ

Person / L'Audacieuse - Le Clos des Belvals
ペルソン / ローダスィウーズ ル・クロ・デ・ベルヴァル

Hausherr / Lieu-dit ALTENGARTEN 2009
オシェール / リューディ アルテンガルテン

Laurent Lebled / Touraine - Ça C'est Bon! 2011
ローラン・ルブレ / トゥーレーヌ サ・セ・ボン
a0157027_101197.jpg


Adrien Roux / Bourgogne - Très - Libre 2010
アドリアン・ルー / ブルゴーニュ トレ・リーブル
a0157027_10112032.jpg


Domaine Pierre André / Châteauneuf-du-Pape 2007
ドメーヌ ピエール・アンドレ / シャトーヌフ・デュ・パプ

Domaine Pierre André / Châteauneuf-du-Pape 2004
ドメーヌ ピエール・アンドレ / シャトーヌフ・デュ・パプ
a0157027_10113347.jpg


Pacory / Calvados Domfrontais 12 ans
パコリ / カルヴァドス ドンフロンテ 12年

以上のワインを中心にお楽しみいただきます。
昼には、ワインショップ、レストラン向けの試飲会をするので、その他、色々味を見ていただくこともできると思います。どうぞよろしくお願いします!
[PR]
by w-inc | 2012-07-15 10:26 | イベントなど

Chateau Meylet

シャトー・メイレ

Michel FAVARD(ミッシェル・ファヴァール)

●産地:ボルドー地方サンテミリオン地区

「優 しくも圧倒的な存在感を放つサンテミリオン・グラン・クリュの雄」

【造り手】 
親から子へと引き継がれてきたこの「サンテミリオン・グラン・クリュ」は、現在の経営者であるミッシェル・ファヴァール氏の祖々父が1875年、織物の商売をする傍ら創立しました。所有する2haの畑は、有名なシャトーが軒をそろえるサンテミリオンの中心地からポムロール方面へ1km行ったところにあります。
1976年に蔵を引き継いだファヴァール氏は、1980年から有機栽培による農法を始め、1987年にジロンド県で初めてビオディナミ農法を取り入れたブドウ栽培を開始しました。世界中で有名なAOCワインの生産者としては稀なケースであり、長年に渡り貴重な経験を積んだ造り手です。

a0157027_1371345.jpg


【栽培と醸造】
ビオディナミによるブドウ栽培:
自然、宇宙の天体の運行に基づいて栽培を進め、ブドウの樹そのものの抵抗力や生命力を強め、健全でバランスが取れるようにする栽培方法。勿論Chメイレでは化学肥料、除草剤や防虫剤といった合成化学物質は全く使っていません。病気対策には、ビオディナミの認証を受けたボルドー液を用います。

品種構成はメルロー約80%、残りはカベルネフランとソーヴィニヨン。収量を通常の約半分、25hl/haまで抑えて味が豊かで丈夫なブドウを育てています。年間生産量が6000~7000本と極めて少ないワインは、次のようにとても丹念に作り上げられます。

a0157027_1413478.jpg


◯ 徹底した選果作業。

◯ ブドウが完熟するまで待って手摘みし、スタッフ一人ひとりが、ブドウを摘んだその場で未熟果や腐敗果をとても厳しく取り除く。

◯ 摘んだ房が積み重なってブドウの粒がつぶれないように、底が浅く小振りの手さげ箱に入れる。その上、箱の底に土が付着しないように、箱を乗せる枠を使うという独自の工夫をしている。このようにしてピュアな果実味を引き出すために、ブドウが傷まないよう、また汚れないように細部にまでこだわっている。

◯ 発酵槽がいっぱいになる量のブドウが収穫されるまでの間、先に醸造所に運ばれてきたブドウはドライアイスの粉を振りかけて低温で保管する。

◯ 房は100%除梗。粒だけを発酵槽に入れる前に、もう一度厳密に選果する。

◯ 除梗された茎は、熟した茎と未熟なものに選別して、熟した茎だけをブドウと一緒に発酵槽に入れる(年によって割合が異なる)。

◯ アルコール発酵にはブルゴーニュ地方のトロンコニック式の発酵槽(115hLの大樽)を使う。

a0157027_140447.jpg


◯ 天然酵母によるアルコール発酵。

◯ ルモンタージュは抽出が強いためしなくなった。その代わりピジャージュをゆっくりと行う。

◯ タンニンを出しすぎないように、サンテミリオン地区では短めの3週間のマセラシオン。

◯ 熟成はアリエとリムーザン産の樽(新樽率20~30%+1~4年樽)にて20~24カ月。

◯ 澱引きの際に、ポンプを使うとワインを痛めるため、「シェーブル」と呼ぶ昔ながらの機械とロウソクを使い、一樽ごとに重力を生かした手作業で行う。(これは規模が大きなボルドー地方では、早くに止めてしまった方法)

◯ 熟成中に一度も澱引きをしないため澱が多く、熟成させた樽からは直接ブレンド用のタンクに移せないため、一旦熟成の時と同じ小型の樽に澱引きする。

◯ こうして澄んだ部分を取り出した後、窒素ガスを使って木樽の中のワインをゆっくり押し出すようにしてブレンド用のタンクへ移す。この際、ブレンド用のタンクは窒素ガスを充填して無酸素の状態にしておく。

◯ 清澄・ろ過をせずにビン詰め。

◯ ビンを一度洗浄して、水切りしてからビン詰め。(本来、仮栓が付いていないビンは、新品でも洗浄することが義務付けられているが、これを実施する人は少ない)

◯ ビン詰め後、カーヴで6~8年静かに瓶熟成させてワインが飲み頃を迎えると販売開始。年によって熟成期間が違うため、年号順に販売されるとは限らない。

◯ SO2の使用について。
以前は瓶詰め前にSO2を20mg/L入れていたが、今は直接入れることは無い。熟成用の樽にワインを入れる前と、熟成後に別の樽に移し変える前に、空の木樽を硫黄で燻蒸するだけ。

a0157027_9581346.jpg


ファヴァール氏は物静かで繊細な人柄ですが、ワイン造りの情熱は驚くほど強い人です。栽培面積といい設備もさることながら、彼の緻密なワイン作りは、間違いなく職人的だといえるでしょう。こうして出来上がるChメイレは、ビロードのように滑らかでフィネスがあり、彼の人柄が映し出されています。

a0157027_138631.jpg


パリの取引ショップ&レストラン情報
カーヴ・オージェ、ヴェール・ヴォレ、ラヴィニア、カーヴ・デュ・パンテオン、ラ・クレームリー、ロス・ア・モアル、バラタン、シャポー・ムロン、ラミ・ジャン、シャトー・ブリアン、トゥロケ、セヴロ、サチュルヌ、レ・パピーユ、ビストラル、ラミューズ・ヴァン、クリストフ、ル・ペール・ド・カルトゥシュ、フィヌ・ゴール、フェルナンデーズ、ビストロ・ポール・ヴェール、レピ・デュ・パン、他多数。

a0157027_143169.png

[PR]
by w-inc | 2012-07-15 10:21 | Vin

Domaine de Cébène

ドメーヌ・ドゥ・セベーヌ
Domaine de Cébène

●産地:ラングドック地方、フォジェール

a0157027_15362259.jpg
ブリジット・シュバリエはオー・ラングドック国立公園に隣接するフォジェールで、自然の恩恵をそのままワインに表現できるようワイン造りを行っています。2007年にラングドックの地で数haの素晴らしい畑を所有しました。地中海から20kmの位置で、海底堆積物からなる土壌やヴィラフランシェンと呼ばれ石の多く混ざった特徴的な土壌にブドウが植えられています。
彼女が所有しているフォジェール北部のブドウ畑は、一般的な畑より高い標高にあり、シスト土壌が広がります。このシスト土壌により、収穫量が抑えられ、ワインにフレッシュ感を与えます。

“私は南フランスで北のワインを造りたいのです!”と、ブリジットは言います。初ヴィンテージから、ワインのスタイルは繊細で、ブドウ畑の特徴がワインに現れています。

a0157027_14365113.jpg

          (かたつむりの貝殻状の丘が彼女の畑)

a0157027_143749.jpg

          (ミルフィーユ状にシスト(片岩)が重なる)
AOCフォジェールはシスト土壌を有する世界でも稀なアペラシオンの1つだそうです。


Vins
◯Ex Arena (エクス・アルナ)
a0157027_1545301.png


グルナッシュ90%以上、他ムールヴェードル。(平均樹齢35年)
収量は、グルナッシュ:20hl/ha、ムールヴェードル:10hl/haです。
土壌はヴィラフランシェン土壌(グルナッシュが植えられています。)と、 ‘sables de Corneilhan ’(コルネイアンの砂)と呼ばれる、とても古い砂質土壌(ムールヴェードルが植えられています。)が40mの深さまで続きます。赤い砂質、砂利なども含みます。
国立自然公園の中に位置し、地中海から20㎞、標高は40mです。

収穫は手作業で行い、収穫したブドウはカゲット(小さな籠)に入れます。
醸造は、ゆっくりと行います。収穫したブドウは除梗せず、重力を使って伝統的なセメントタンクへ滑り込ませます。アルコール発酵後、ワインをステンレスタンクへ移し、熟成させます。

ドメーヌ名、ドメーヌ・ドゥ・セベーヌの、Cébennaとは、ラングドック地方の女神の名前で、セヴェナ山脈も女神の名前が由来とされています。
エクス・アルナはラテン語で、“砂から生じた・・・”という意。特有のテロワールを表しています。

A Table ! :軽やかで優美。ピュアな果実の香りとともに現れる繊細さ、余韻の長さ、スパイシーさをお楽しみください。

a0157027_022075.jpg


◯Faugères - Felgaria (フォジェール - フェルガリア)
”ムーヴェルドルの割合が高い、シスト土壌から造り出されるフォジェール。”
a0157027_15473587.png

フェルガリアは、所有するブドウ畑の中でも選りすぐりの区画から選ばれたブドウで造られており、果実の味わいと樽熟成の風味が溶け合った、ドメーヌ・セベーヌのトップ・キュヴェです。ムールヴェードルを主体とするこのワインは、テラス状の畑から造られており、収穫量はとても低く、長熟のポテンシャルも秘めています。

土壌は、一般的なAOCフォジェールの畑より高い標高(320m)にある100%シスト土壌です。地中海からは40kmの位置にあります。
南向きの畑の完熟したムーヴェルドル50%以上、そして、北向きの畑のシラーとグルナッシュから造られています。
収量はとても低く、20hl/ha、収穫は手作業で行い、収穫したブドウはカゲット(小さな籠)に入れます。各区画の品種が完熟となる時期まで待ち、日を分けて収穫を行います。

醸造は、ゆっくりと行います。収穫後のブドウは重力を使って500Lの樽へ移されます。そのままアルコール発酵へ進み、ピジャージュは優しめに行い、500Lの樽で熟成させます。
a0157027_15483816.jpg


a0157027_1548810.jpg


フェルガリアとは、フォジェールの別名です。

A Table ! :果実やスパイスの豊かな香り。シスト土壌による涼しげな風味。口当たりがとても滑らかで、バランスが取れています。フェルガリアは若いうちでも豊かな風味を感じることができますが、熟成させても面白いワインです。

a0157027_025932.jpg

最近取得した高樹齢の畑にて。
a0157027_03206.jpg

朽ちていく樹がある中、適度な手入れによりまだまだ元気な樹がたくさんありました。
今後のブリジットの活躍にも期待しましょう。
[PR]
by w-inc | 2012-07-15 10:20 | Vin

ロアッツォーロの風景

フォルテト・デッラ・ルーヤのシルヴィアから便りが届きました。



カンティーナや畑の周辺の多様な生態系とイタリア最少DOC、ロアッツォーロのデザートワイン(モスカート)が取り上げられています。(造り手のジャンニが案内役です。)
どうぞご覧ください!

P.S.
コチラ↓は、前に載せた資料です。
http://winc.exblog.jp/9919534/
[PR]
by w-inc | 2012-07-12 21:08 | Vino