W 「vin & vino, wines of the world, with you!」

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Restaurant Manne × W 「アルザス会」

日曜日の夕方早め、北のリエッシュ、南のオシェールのワインをいろいろ飲みながら、
レストラン マナ 木邨さんのお料理をお腹をすかせて待つ。。。
一人一皿の盛り合わせ料理の後は、大皿料理を取り分けて。
パン好き女子(&男子)の皆様、パンの持ち込みは大歓迎です。
(みなさんのチームワークで楽しみましょう!!)
とゆう内容の会をしたいと思います。

日時:2月19日(日)16ー20時 
会場:下北沢 Restaurant Manne
http://restaurant-manne.jimdo.com/道のご案内-guide-map/
会費:7000円(当日入店時に現金精算をお願いします。)

アルザス料理&ワイン(リエッシュ、オシェール)
半立食、募集人数20名ほど。
(募集人数に達しましたので、締め切りとさせていただきます。2/14日加筆)

ワインは、いろいろ12種類ほど(発泡、白、赤、甘口)
お料理は、
一人一皿ずつ
・玉ねぎのタルト
・ブーダンノワールのテリーヌ
・フォアグラのテリーヌ パンデピスにのせて
・アンディーブとクルミのサラダ
の盛り合わせ

大皿
・レンズ豆のサラダ
・タルトフランベ
・ニシンの酢漬け
・エスカルゴのクリーム煮
・スパッツリー
・シュークルート
・マンステール
・フロマージュブランと果物のコンフィチュール
の予定です。
どうぞお楽しみに。

スパッツリーってなんだか気になりますよね?
木邨シェフに聞いたところ、
「スパッツリーですが、SPATZLE (スペツル)とも呼び、アルザス風のもちもちしたすいとんのようなパスタです。あちらではきのこといためたり、煮込みなどの付け合せに使います。今回はエスカルゴのクリーム煮に合わせて召し上がっていただきます。」とのこと。
a0157027_1753384.jpg

メニューを見てヨダレがでてきたところで、写真も届いてしまいました。
夕方のこの時間帯にアップしようとしたのも失敗!
もちもち系は大好物です。あっという間にお腹がすいてきました。。。

当日は、リエッシュのジャン=ピエールからもらった各畑の石も持ってゆこうと思います。

では、みなさん、ご予約お待ちしております!
[PR]
by w-inc | 2012-01-14 18:09 | イベントなど

Season's Greetings

あっという間に過ぎてゆく年末年始。
みなさん、どんなお正月をお過ごしでしょうか?

12月半ばに半月のフランス出張から戻ってきました。
おかげさまで良い訪問ができました。
ということで写真を少しおすそわけ。

2週間で3000km。on the road のテーマソングは、もちろんこれ。


a0157027_2150998.jpg


a0157027_21502523.jpg

Michel Couvreurのセラーにて。翁も元気でひと安心。
a0157027_21503840.jpg

深いセラーで静かに熟成するwhisky。
a0157027_21505621.jpg

至高の液体。

a0157027_2151159.jpg

Cyril Zangs。素敵なお兄さんです。新ヴィンテージもさすがの仕上がりです。

a0157027_2159579.jpg

2月に入荷する南仏の Pierre Rousse。魔術師的な風貌・・・。乞うご期待!

a0157027_223724.jpg

ロワールの Nicolas Grosbois。
a0157027_2223579.jpg

彼の畑は、森と塀で囲まれたひとつづきの区画。ワイン造りもこだわりでいっぱいでした。

a0157027_2271192.jpg

Maconの Nicolas Rousset。(Pierreclosの畑にて。)
a0157027_22101113.jpg

ピエールクロ村を見渡す。こちらの村は、山あいに向かって上ってゆく途中に現れました。

a0157027_22453253.jpg

そして今回、最も印象的だった Gregoire Perron の樹齢100年を超える畑。
岩がむき出しで葡萄の樹の一本一本がとても個性的でした。
a0157027_22184871.jpg

グレゴワール宅の猫。。。

a0157027_22193413.jpg

Octavin の Alice。アルボワの畑にて。
早々と品切れになったプールサール、トゥルソーは2月入荷。
そしてその先のヴィンテージも素晴らしい出来でした。

a0157027_2221198.jpg

馬を飼うには、一頭あたり1ヘクタールの牧草地が必要だそう。スキッピーと。
a0157027_22235163.jpg

a0157027_2224632.jpg

Hausherr の Hubert。気は優しくて力持ち。
a0157027_22261471.jpg

畑からは、動物の骨や化石、様々な石などが出てくるそう。

a0157027_22271813.jpg

Rietsch の Jean-Pierre も各畑の特徴的な石を拾って見せてくれました。
数十メートル歩いただけで劇的に変わる土壌。アルザスの複雑さ、懐の深さを感じました。
a0157027_2233971.jpg

a0157027_22315582.jpg

こちらのワインは、犬になるか狼になるか。それとも・・・?

a0157027_22332558.jpg

他にも、Bruno Allion, Lauren Lebled, Sylvain Martinez, Person, も訪問したのですが、
今回は、うまく写真を撮れなかったのでまた今度。
各造り手には、ほんとにお世話になりました。感謝です。

今年も一歩一歩進んで、深めてゆきたいと思います。
(写真は、ニコラ・グロボアの庭からの風景です。)
a0157027_22461148.jpg

本年も一緒に楽しんでいただければ幸いです!どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by w-inc | 2012-01-03 10:05 | W

Vini La Favola --- Gurrieri より

シチリアの Corrado & Valeria Gurrieri からグリーティングカードをいただきました。
彼らは、毎年売上げの一部を世界の子供たちのために寄付しているそうです。
年末にいただいたカードはコチラ

彼らから預かった La Favola 2007。
諸経費を含めた売上げ 24万1920円 を東日本大震災で被災した子供たちへの支援金としてセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ寄付させていただきました。
http://www.savechildren.or.jp/top/index.html
寄付先は悩んだのですが、継続して支援活動を行っている彼らに託しました。

少しでも多くの子供たちの笑顔が見られますように。

Gurrieri の HP はコチラ↓
www.vinilafavola.it
[PR]
by w-inc | 2012-01-03 10:01 | W