W 「vin & vino, wines of the world, with you!」

<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Terradonna

Terradonna

a0157027_19185693.jpg

地区:トスカーナ州 Suvereto

概要:
DOCヴァル・ディ・コルニア圏の中心にある小さな家族経営のカンティーナ。2002年から自社ワインをスタートしました。土壌はミネラル豊富な粘土質、泥質、砂質、石灰質の混じる複雑な構成をしています。丘陵地にある畑は日照時間に恵まれ、風通しが良いために葡萄はゆっくりと成熟。植樹率は1haあたり9000本と非常に高く、収量は5~7千kg/1ha。有機肥料を使用し、濾過機を使わずに自然な状態で清澄します。白ワインは除梗せずにソフトに圧搾し、セメントタンクで熟成され、赤ワインはマセラシオンをセメントタンクで行い、圧搾は行なわれません。どのキュヴェもふくよかなボディで香り高く、タンニンは まろやか。土壌からと海風の影響を受けてミネラルを感じ、余韻の長い仕上がりです。
2007年にヴェロネッリに初登場で高得点を獲得し、トスカーナ沿岸地域の新人王とも言われたカンティーナです。

a0157027_19145470.jpg

カンティーナの位置するスヴェレートは、DOC Val di Corniaの伝統生産地域。丘々に囲まれ、海からたったの10キロほどの場所にあります。近くには考古学公園(Baratti,Populonia,Rossa di San Silvesto)や、中世の村々があります(Suvereto,Campiglia Marittima)。

Nedi Collaveri(ネーディ・コッラヴェーリ)は、幼い頃から両親の営む農家を手伝ってきました。この地域の隠れた力を農業耕作を通して学ぶことにとても熱心でした。彼がまだ見習いの時に、様々な場所で農業を学び、それを集約したのが今のカンティーナです。

a0157027_19232238.jpg

彼が目指すのは、地域性を映し出すワイン造り。周りの自然と環境をありのまま受け入れ、それを尊重したブドウ栽培を行うこと。

カンティーナのあるエリアは、独特なミクロクリマを持っています。暑い夏は、海からの風によって緩和され、それが理想的な葡萄の成熟につながります。土壌はミネラル豊富な粘土質や泥質、砂質や石灰質の混じる複雑な構成をしており、それがワインに重要な味わいと香りの個性、深みを与えます。樹間はとても狭くしており、根が地中深くまで伸びるようにしています。それによって複雑性をもたらし、また干ばつから守っています。

a0157027_19241321.jpg

栽培品種と収穫時期
CABERNET 40% (収穫9月上旬から下旬)、MERLOT 25%(8月下旬~9月上旬)、SANGIOVESE 15% (9月上旬~中旬)、 VERMENTINO-CLARETTE-ANSONICA -TREBBIANO15%(9月上旬~下旬)

栽培におけるポリシーは、土壌にあった栽培、つまり無理した栽培を行わないこと。土壌の特性を活かした葡萄の樹の選択を行い、双方の個性をバランスよく発揮させるようにしています。

醸造は、葡萄自身の力を信じ、極力手を加えないように、自然に任せた醸造を行います。

造り手からのメッセージ
我々のワインは、各品種の伝統的な味を持ったものですが、その中に光る個性を見つけてください。きっとそれぞれの個性に気づいてくれることでしょう。


VINO

IGT TOSCANA ROSSO  PRASIO
(cabernet sauvignon 50%; merlot 50%)

a0157027_19264818.gif

コッラヴェーリ 一家は、鉱石を集めるのが大好きで、それぞれのワインに鉱石の名前をつけています(1つだけワイナリー名をつけています)。プラシオは、緑がかった水晶(石英)の一種。
ラベルには収穫時の畑の色が彩られています。テッラドンナのラベルは全て、気候、畑、ワインの特徴をテーマに表現しています。

標高:100m
土壌:粘土・泥65%,カリウム、銅、鉄、マンガン、石灰が混じった砂25%
樹齢:平均15年
醸造:手摘みで収穫。セメントタンクで発酵・熟成(14ヶ月)。瓶熟3ヶ月~。

a0157027_19271843.jpg

粘土と泥の含有率が高い畑は葡萄栽培をするには難しいため、このエリアの降水量やその他の栽培に関わる要素をもとにして土壌とミクロクリマを何年もの月日をかけて研究してきました。この辺りは夏の干ばつに苦しまれることが多いのですが、代々受け継がれてきた50年以上の経験から栽培技術を改善してきました。特筆すべきは干ばつに関する対策です。我々は常に土を耕すことで夏期の少ない雨をすぐに土壌が吸収できるようにしてあげ、粘土質の部分が固くなってブドウの樹に酸素が行かなくなってしまわないようにしています。そしてより土壌が柔らかい状態にするために、天然の肥料としてソラマメや大麦を蒔いています。

小さな実がなるカベルネとメルロは、一株あたり700~800gを超えることはありません。グリーンハーベストで厳選し、強烈な日差しから実を守るために葉をうまく配置しています。それによって香りを守り、葡萄の成分(酸、タンニン、糖分など)のバランスが得られ、理想的な成熟となります。収穫時は弾力があり、優美で複雑な香りと黒真珠のように黒々とした傷のないブドウを手摘みで選抜します。発酵時からヴィンテージの個性が現われ、熟成期間中には香りがより豊かになってゆきます。

ワイン
外観:紫がかった濃いルビー色
香り:チェリーや木イチゴ、少し草木の香り、バニラ、シナモン
味わい:柔らかさと豊潤さのバランスが良いタンニン、ミネラルとフレッシュ感が溢れ余韻が長い。アフターにくる甘いスパイスが心地よい。

お料理の組み合わせ:しっかりした味付けのパスタ類、ジビエ料理または熟成したペコリーノチーズ、アーモンド、くるみ、イチジク、チョコレートなどをベースにした各種タルト。イタリアの伝統菓子、パンフォルテにもあいます。

2006年は病気にかからず、程よい雨に恵まれ、畑はいいコンディションでした。収穫時の気候はとても暑くて乾いていました。カベルネは9月の中旬、メルロは8月下旬あたりに収穫を行いました。前年との根本的な違いは、収穫時の状況です。2005年は日差しが豊富すぎてブドウが乾きだしたために、収穫は例年より早くに行われました。そのために2006ヴィンテージより新鮮さに欠け、タンニンがより強いものに仕上がりました。2006ヴィンテージのポイントは、くっきりとした個性と香りの高さです。

2009年はとても暑い年でした。そのためにグリーンハーベストでは生産量を減らすために多くのブドウを取り除かなくてはいけませんでした。また極度の暑さだったため、緊急灌漑をしなくてはいけませんでした。収穫は前年よりも早く、カベルネは9月3日、メルロは8月19日に行いました。大変だったヴィンテージではありましたが、結果的にはバランスのいいアルコールと酸、しっかりしたストラクチャーを持ち、薫り高くて心地よい伸びやかなワインに仕上がりました。まだ若いながらも、包まれるようななめらかさとふくよかさを持っています。

TERRADONNA HP はこちら ↓
http://www.terradonna.it/index.asp
[PR]
by w-inc | 2011-02-26 21:59 | Vino

Bocale

Bocale

産地:ウンブリア州 Montefalco

a0157027_16553069.jpg

a0157027_17251216.jpg

カンティーナ名の由来
ワインやオリーブオイルを入れる2リットルの水差し(伊:Boccale)を意味する彼らの地方方言。その昔、ワインやオリーブオイルの入ったこの2リットルの水差しを売っていたために1950年代頃から一家のニックネームになりました。

a0157027_17265053.gif

オーナー:Valentino Valentini(ヴァレンティーノ・ヴァレンティーニ)
1999~2009までモンテファルコの市長を務める。Citta' del Vinoの会長。

a0157027_17254458.jpg

a0157027_17274545.jpg

ヴァレンティーニ家が経営するカンティーナ「ボカーレ」は、モンテファルコ市のマドンナ・デッラ・ステッラというエリアに位置します。もともとヴァレンティーノの祖父が1920-1950年代まで小作制度で農業を営んでいました。しかしその後の制度廃止で一度農業を止め、ヴァレンティーノが2002年に再建しました。この辺りは聖地として知られ、また品質のいい農作物が取れるエリアとして昔から農業が盛んに行われています。カンティーナはモンテファルコの中心から約6kmほどのところ、スポレートの丘陵地をはじめとするウンブリア州の豊かな自然が見渡せる眺めのいい標高473mほどの丘の上にあります。Assisi(アッシジ 世界遺産)、Perugia(ペルージャ)にも近い地域です。


a0157027_17285924.jpg


ボカーレでは、栽培においては環境に優しい栽培方法をとり、有機肥料を使用。除草剤や化学肥料などは一切使用しません。除草もせず、自然に任せています。エネルギーリサイクルやバイオマスを積極的に取り入れています。畑は主に南東向きですが180度に広がり、太陽を防ぐものがありません。土壌は粘土質です。

a0157027_17294046.jpg

醸造は、自然の酵母による自然発酵を行い、温度管理も自然に任せています。マイクロフィルターは使用しません。瓶熟成は長めにしています。

造り手からのメッセージ
一家が心をこめて畑の手入れから醸造、販売をしています。有機栽培と昔から伝わる伝統的な作り方をうまく取り入れ、葡萄を丹念に栽培・醸造します。我々の地域のポテンシャルとそこで生まれ育った土着品種のサグランティーノの強い絆と可能性を信じ、それを生かすことでオリジナリティを持った素晴らしいワインが生まれると思っています。是非、我々のサグランティーノをお楽しみください。

a0157027_17301798.jpg


Vini

我々の葡萄の特徴は、糖とフェノール類の熟成バランスのよさです。それが心地良くエレガントなワインを生みます。また熟成に耐えるしっかりした構造を作ります。

全ての畑は南東の方に向いています。そのために長い日照時間が得られ、朝からブドウは乾燥し、病気などにかかりにくく化学薬品などの人工的補助は必要なく、健康な葡萄が生まれるのが特徴です。

ラベルにある一家のシンボルマークはBocaleという名前の由来となった水差しを図案化したもの。

標高:245-270m
畑:4.2Ha、
仕立て:コルドーネ・スペロナート
樹齢:7年
年産:1万5千本~3万本


○Montefalco Rosso 2007
(Sangiovese 70%, Merlot 15%, Sagrantino 15%)

a0157027_18451955.jpg


収穫・醸造:手摘みで収穫。ステンレスタンク発酵・7ヶ月古樽熟成
(トータル18ヶ月熟成、瓶熟6ヶ月以上)

概観:紫がかった純度の高いルビー色
香り:スミレなどの花の香り、熟したチェリーの香りに少しスパイスのニュアンス
味わい:ソフトなタンニンと凛とした酸のハーモニーとストラクチャーが心地よく、余韻が長い
食事との組み合わせ:しっかりとした味付けの各種パスタ料理、各種肉料理、サラミ、熟成したチーズ

2007年はとても穏やかな気候に恵まれました。ブドウが熟す最後の時期はとても乾燥していたために病気にならずに理想的な成熟となりました。この年のワインは最初から丸くて柔らかいタンニンを持ち合わせ、果実味に溢れているのが特徴です。前年と比較すると酸が若干少なく、果実味をより感じる仕上がりです。

評価:Veronelli 90点、AIS 4グラッポリ

a0157027_18461462.jpg


a0157027_18493013.jpg


○Montefalco Sagrantino 2006
(Sagrantino 100%)

a0157027_1850213.jpg


収穫・醸造:手摘みで収穫。ステンレスタンク発酵・14ヶ月新樽熟成
(トータル30ヶ月熟成、瓶熟12ヶ月以上)

概観:紫がかった深いルビー色
香り:桑の実や木イチゴ、フサスグリやキノット、シャクヤクや地中海独特の低木の香り。かすかにオリエンタルスパイスやバニラのニュアンス
味わい:滑らかで密なタンニンが印象的でバランスが良い。アフターの香りの広がりも良く、余韻が長い。
食事との組み合わせ:しっかりした味付けのパスタ各種、赤肉、熟成の長いチーズ

2006年はモンテファルコの典型的な年でした。全体的に気候バランスがよく、夏は猛暑に襲われることはありませんでした。そのためエレガントでフレッシュなワインができました。タンニンも豊かで長い熟成に耐えることでしょう。

評価:veronelli 91点、ガンベロ・ロッソ2ビッキエーリ、AIS 4グラッポリ

サグランティーノといえば、パワフルですぐにお腹がいっぱいになってしまうようなヘビーなワインが多いですが、その中で全体のバランスがとてもいいサグランティーノです。芯はしっかりしていますが、なんといっても香り・ボディ共に優美で気品があり、とてもしなやかなワインです。
a0157027_1851567.jpg


BOCALE  HPはこちら ↓
http://www.bocale.it/
[PR]
by w-inc | 2011-02-26 21:57 | Vino

Terenzi

Vini Giovanni Terenzi

a0157027_1692821.jpg


テレンツィのカンティーナは、ローマの南50kmに位置し、20 kmの所にはサン・ベネデット修道院があります。オーナーのジョヴァンニ・テレンツィは65歳。生まれた時からずっとこの地域に住み、土着品種やワインの知識も地元で得ました。ジョヴァンニ、サンタ(奥様)、3人の子供(アルマンド、マリア、ピーナ)が、家族で葡萄を育て、ワイン造りをしています。

TERENZIは、ラッツィオ州初のDOCG「Cesanese del Piglio」の代表格のひとつと見なされています。彼らのワイナリーはこれらの品種栽培に相応しいといわれるSerroneに位置しています。主な栽培品種は土着品種のCesanese d’AffileとPasserina。昔ながらの家族経営で、すべて自社畑。コストパフォーマンスに優れ、各雑誌からも評価を得ています。

TERENZIは、生産量を抑えて、品質のあるワインを造ることをポリシーとしており、山の麓に在る畑は、昼夜の温度差が激しいために香り高い葡萄が生まれ、理想的な成熟が得られます。

a0157027_1694863.jpg



Vini

Bianco
Passerina del Frusinate IGT Villa Santa 2009
パッセリーナ・デル・フルジナーテ IGT ヴィッラ・サンタ

a0157027_1642739.jpg


品種:パッセリーナ 100%
樹齢:25年
土壌:火山土壌、約380mの丘、南西向きの畑。風通しが良く、香りの高い葡萄が生まれます。
醸造:手摘みで収穫し、ステンレスタンク発酵・熟成。

2009年ヴィンテージ情報とコメント
全体的に葡萄の成熟に理想的な年でした。灌漑や高い降水量などの問題はなく、葡萄はほどよい糖度を得ることが出来ました。

試飲コメント
ハーブ的な香りがくっきりと立ち上がり、軽い渋さを伴った柑橘系の風味からミネラルを感じさせる余韻へと続く。
(2010年、アンコーナで行われた展示会で魚料理に合うベストワインに輝いたそうです。)

こちらのパッセリーナの畑は、元々、奥さんの畑なので、彼女の名前”サンタ”を付けました。ラベルに描かれている絵は、奥さんが幼少の頃、家族が所有していたお屋敷とその入り口です。第2次世界大戦で崩壊してしまい、今はもうありません。



Rosso
Cesanese del Piglio 2009
チェザネーゼ・デル・ピーリオ

a0157027_1653942.jpg


品種: Cesanese d'affile 65%、Cesanese comune 20%、 Sangiovese 15%
樹齢:13年
土壌:石灰質土壌
醸造:手摘みで収穫し、ステンレスタンク発酵・熟成。

畑はオーナーのジョヴァンニ自身が丹念に手入れをします。土壌は主に石灰質分の多い土壌で、畑の周辺は風通しがよく、葡萄はゆっくりと熟成します。

チェザネーゼ・デル・ピーリオ2009は、彼らのチェザネーゼのベースワインです。ともすれば粗さが目立ってしまうチェザネーゼを軽やかに仕上げており、サクランボを思わせる風味が広がります。
10月のはじめに葡萄が収穫され、約20日間じっくりと醸造されます。チェザネーゼはピノ・ネーロと同じぐらい醸造が難しいといわれている品種です。失敗すれば粗さが出て、平坦なつまらないワインが出来てしまいます。もともと1700年代にフランスからわたってきたという説と、土着品種だという説とに分かれていますが今でもなぞです。

2009年のヴィンテージ情報とコメント
前年と似たとてもいい年でした。春の雨が苗木の成長を促し、暑い夏が理想的な成熟をもたらしてくれました。

a0157027_1672814.jpg

[PR]
by w-inc | 2011-02-26 21:55 | Vino

Marco Sara TV

newsfood TV にとりあげられた Marco Sara を発見しました。



去年の9月の映像です。
相変わらずの甘口王子っぷりですね。
長らく品切れしていたマルコのワインですが、3月頭より新着リリースしますので、お楽しみに。

Marco Sara の記事はこちら。
http://winc.exblog.jp/10935105/
http://winc.exblog.jp/10998743/
[PR]
by w-inc | 2011-02-24 14:07 | Vino

Vini Japon 2011

Vini Japon 2011 のフライヤーが届きました!
a0157027_2230329.jpg

ワインショップ、レストランに配って歩きますので、見かけたら手にとってくださいね。

チケットの販売もスタートしましたよ。
http://www.vini-japon.com/
購入はお早めに~。
[PR]
by w-inc | 2011-02-14 22:36 | イベントなど

東北のパワースポット

盛岡での試飲会&食事会に呼んでいただいたのがキッカケで、一緒に呼ばれたおちゃめで妥協のない方と12月上旬に東北ツアーをご一緒させていただきました。

新青森駅オープンの翌日、まずは青森から。
a0157027_1459171.jpg

古川市場で、さっそく「のっけ丼」。
市場内でごはんを買い、その上にいろんなお店で具をのっけていきます。
僕はひかえめなのっけ具合でしたが、メンバーの中には当然てんこ盛りの方も。

青森の目的地は、こちら。
a0157027_157211.jpg

アル・チェントロ。 葛西シェフのお店です。
a0157027_1583012.jpg

セラーの中には自家製生ハムや食材、魂の入ったワインがたくさん。
a0157027_1585480.jpg

時間的・気分的にもぐんと近くなった青森。
ぜひまたお邪魔したいと思います。

翌日は、盛岡で試飲会の後、ベルクールさんで食事会。
a0157027_16191320.jpg

コース料理とワインの共演。魅力を引き立て合えたのでは?(と思っています。)
(一番の課題はスピーチです。。。)

盛岡 恒例の長~い夜。今回も特にアツかったですが、飛ばして秋田へ。

秋田の目的地は、エノテカ オルモ・デル・カウカソ。
コース料理の途中で、「ハタハタ食べてないでしょ?」と佐藤さん。
まさかと思いましたが、・・・出てきました。
a0157027_23202193.jpg

とても素敵なおもてなしでした。(ハタハタの写真だけですみません!)
お料理もワインもおいしくいただきました。
もし僕がサービスマンだったら、佐藤さんのサービスから何かを学ぼうと通ってしまうと思います。(サービスマンでなくても学ぶ点は多かった。)

そしてトドメは仙台。
久しぶりに歩きましたが、デカイ! 優しくも迫力ある街でした。
そんな仙台で訪れたお店をご紹介。

まず仙台駅1F 地酒とWINE ケヤキ さん。
a0157027_23432583.jpg

a0157027_23441280.jpg

奥のセラー、ワイン充実してました。お土産用にも便利ですねー。

そして、こちらは駅近の老舗 ブウション さん。
a0157027_23464461.jpg
 
圧巻の地下セラーとテイスティングルームをお持ちです。
歴史が作り出す空気感。さすがです。

てくてく歩いていると、Note さんの2店舗に遭遇。
a0157027_235052100.jpg

a0157027_23511692.jpg


そして、終着駅はコチラ。
a0157027_23521869.jpg


・・・僕が仙台に再訪したいという願いが通じたのか、誘っていただいた 「Vini Japon 2011」  が仙台でも開かれることになりました。アルベルト・テデスキと一緒にお邪魔しますので、よろしくお願いします!!

Vini Japon 2011 ホームページは、こちら。
http://www.vini-japon.com/


team 仙台+αが綴る 『心の味覚・・・人とワイン』
http://cocorowine.exblog.jp/


レストランリンク

AL CENTRO
http://alcentro.exblog.jp/

ENOTECA Olmo del Caucaso
http://olmodelcaucaso.com/index.html

Restaurant Bellecour
http://www.bellecour-m.com/

Note
http://www.ma-cuisine-note.com/

のんびり酒場ニコル
http://nicoru44.exblog.jp/

(写真は撮れてなかったけど・・・)
enoteca il circolo
http://enotecailcircolo.com/

AL FIORE
http://blog.livedoor.jp/al_fiore/

シズクトウヤ
http://www.to-ya.jp/shizuku/

おまけと言っては失礼ですが・・・
[PR]
by w-inc | 2011-02-02 14:54 | イベントなど