W 「vin & vino, wines of the world, with you!」

<   2010年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

BENOÎT DARIDAN

ブノワ・ダリダン

ロワール渓谷の半ば、クール=シュヴェルニ。ソローニュの森や湖のそば、シュヴェルニ城とシャンボール城にはさまれた地域にドメーヌはあります。ダリダン家は、17世紀からワイン造りに携わっています。現在の当主 ブノワ・ダリダンは、スペインのボデガ・ヴァルドゥエロ、ニュージーランドのストーンレイ・ヴィンヤードで学んだ後、2001年に14haの畑とドメーヌを相続しました。
a0157027_13202753.jpg

(シャンボール城)

畑では、粘土、石英の多い土壌で環境に配慮した栽培を心がけています。フランソワ1世(1494-1547)が広め、クール=シュヴェルニ特有の品種となった、ロモランタンの区画は樹齢50年を超えるものもあります。
シュヴェルニの区画では、ピノ・ノワールやソーヴィニョン・ブランを育てています。
a0157027_13223654.jpg

(平均樹齢50年のロモランタンの区画)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブノワ・ダリダンは、ロワールで修業された、あるシェフに紹介され、訪問しました。
昔から育てられているロモランタンの畑は、特に樹齢が高く風格がありました。

陽気で飾らない性格で、食いしん坊のブノワ。おいしいビストロ、レストランを良く知っていました。
お料理との相性が良い、食いしん坊向けのワインと紹介しておきましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

VINS
a0157027_1325378.jpg

Pétillant Méthode Traditionnelle
Cépage : シャルドネ、シュナン・ブラン
生き生きとした味わいと熟成感の調和がとれている。
瓶内2次発酵により、繊細さと充実の味わいが現れている。
アペリティフ、前菜やフォアグラのテリーヌとも相性が良い。
a0157027_19431328.jpg

(ブノワとランチにお邪魔したビストロのお料理。参考まで。)

Cour-Cheverny Vieilles Vignes
Cépage : ロモランタン
豊かな香りとハチミツを想わせる風味。まったりとした口当たりを柑橘系の風味を伴った酸味がバランスをとってくれる。ハーブやスパイスを使った料理とも相性が良い。
ブノワ・ダリダンの看板銘柄。

Cheverny Rouge
Cépage : ピノ・ノワール 80%, ガメ 20%
フルーティさをシンプルに引き出す造り。
ピノ・ノワール比率が高いので、ほぐれてきたときも楽しみです。
a0157027_1327248.jpg

Vin de Pays Rouge – Pinot Noir
Cépage : ピノ・ノワール
13ヶ月 樽熟成。とっておきのものもオファーいただきました。
あくまでもドライなピノ・ノワール。お料理と一緒にどうぞ!
a0157027_13282180.jpg


a0157027_132995.jpg

(ワイナリーには、某シェフの作品も飾られてました。)

HPはこちら ↓
http://www.benoit-daridan.com/index.php
[PR]
by w-inc | 2010-05-31 13:38 | Vin

Cardinali 訪問

カステッラルクァートは、中世の街。
a0157027_23264277.jpg

ピエモンテ(ロアッツォーロ)からカルディナーリに向かう道は、意外と渋滞ぎみで到着したときは、もう夕方間近。
まずはワンちゃんたちに歓迎され(・・・動物にはとっても好かれます。なんか波長が合うんでしょうか?)、造り手のLaura ローラと再会し、さっそく畑を散策。
a0157027_23303059.jpg

(夕霧っぽい空気感、一面緑の畑)
小高い丘の開けた畑は、まわりを森で囲まれ、自然のバリアに守られています。
各ワインは、区画ごとに仕込まれるのですが、品種は様々。
混植や混醸は、仕上がりの味のまとまりが良いので望むところ!です。
a0157027_2354541.jpg

レストランの経営者も突然訪問してきて、一緒にテイスティング。
・・・パルマでの試飲会の時より格段においしく、奥行きや表現力も十分です。
うーん、試飲会のコンディションはやっぱり難しいと実感。
a0157027_0173684.jpg

この後、ローラの父上のおいしい手料理と合わせてワインを味わうことに。
ローラの友人が駆け付け、一緒にテーブルを囲みました。
写真でみたことがあるなあと思ったダンディで知的な男性は、やっぱりロレンツォ・コリーノ氏。
ローラの父上とも知り合いで栽培面をアドヴァイスしているそうです。
Cardinali のフルラインナップを味わいながら、おいしい食事をいただいていたらあっという間に真夜中に。。。

さすがにお開きかなと思ったら、それまで言葉数が少なかったロレンツォさんが、一言。
「Ping-Pong!!」との掛け声。
夜中にこんな中世の街の卓球場が空いてるわけもないし、冗談だろうと思ったら・・・
a0157027_0222259.jpg

清潔なセラーの奥に、
a0157027_0232042.jpg

ありました。卓球場・・・。
a0157027_0241076.jpg

3:00a.m. 古城
[PR]
by w-inc | 2010-05-28 00:31 | Vino

Casa Illica

真夜中の卓球大会をこなし、その晩(というか朝)は、夕食~卓球まで一緒だったミシェルがオーガナイズしているカーザ・イリカにお世話になりました。
a0157027_17275748.jpg

ここCasa Illicaは、プッチーニのオペラの台本作家として有名なルイジ・イリカが暮らしていた屋敷を改装したブティック・ホテル。
a0157027_17341248.jpg

Casa BRUTUSあたりに取り上げられてそうなクラシック&モダンな客室。ホールには数々の美術品が。そして各客室には、カルディナーリのニッキオが!
a0157027_17363374.jpg

a0157027_1737827.jpg

窓の下には、ヴァイオリンのストラディヴァリ家所有のお屋敷が。
a0157027_17373738.jpg

パノラマビューです。
a0157027_17454070.jpg

ミラノから1時間から1時間半ほど。
a0157027_17461023.jpg

あわただしい観光地ではなく、時がゆったり流れる中世の街で
a0157027_17464133.jpg

のんびりする旅も良いのでは?
a0157027_17471119.jpg

30分圏内には、素晴らしい建築のspaもあるようですよ。
a0157027_17475165.jpg

テンションが上がった僕は、山のくねくね道を通り、素晴らしく上質な黒豚のスパッラコッタを探しに出かけてしまいましたが、それはまた別の話。。。

Casa Illica
http://www.casaillica.com/
[PR]
by w-inc | 2010-05-27 00:00 | Vino

Cardinali

CARDINALI
カルディナーリ

L'Azienda Familiare (家族経営のカンティーナ)

ポー川を背にし、崖や石灰岩が特徴的なピアチェンツァの東端、コッリ・ピアチェンティーニのアルダ渓谷の丘を登ったところにカルディナーリはあります。中世の古城の街Castell'Arquato(カステッラルクァート)をさらに登った丘にカルディナーリ家が所有する、森に囲まれた一続きの畑 Montepascolo(モンテパスコーロ(10ha))が現れます。
a0157027_1727383.jpg

カルディナーリは、私(Laura ローラ)の父と母が1970年代に始め、1996年に娘達に引き継がれました。何世紀にも渡って行われてきた、この地域伝統のワイン造りをあきらめることなく続けています。

植樹の仕方、葡萄の選択、ワインを市場に送り出す際の心配りなど、すべての足跡がワインに刻まれます。私たちは、また、ワインにこの土地の歴史さえ詰められるようにと努力しています。

太陽の恩恵を受けとめる東西に伸びた粘土質の土壌と向き合い、環境に配慮しながら、伝統と同時に現在の感覚を持ち、作業を進めています。醸造プロセスでは、要素の詰まった葡萄がゆっくりと洗練されたワインへと変化してゆくように静かに見守っています。
a0157027_17274146.jpg

ワインは、この土地の色、香り、味わい、天候、土壌、食べ物、ワイン文化を伝える理想的な手段であると、私たちは信じています。
カルディナーリの畑は、70年代には8ヘクタールでした。開けた丘に位置し、ゆるやかなスロープがあることで朝から晩まで太陽の恩恵を受けることができる特別な畑を手入れし、さらに理想の質を求めてきました。畑には昔から植えられていた品種を柱に、バルベーラ、ボナルダ、マルヴァジーア、モスカート・オルトゥルゴそしてカベルネ・ソーヴィニョン、シャルドネ、ソーヴィニョン、マルサンヌ、トレッビアーノが植わっています。
a0157027_17283363.jpg

カルディナーリの方位磁石のマークが示すものは・・・・・
N = Naturari
E = Esclusivi
S = Selezionati
O = Originali


Il Vigneto  畑
1997年から、より自然に配慮した葡萄づくりを行っています。伝統的に処方されてきた銅と硫黄は必要であれば使います。剪定、畝に緑を植える作業、間引き、そして収穫。収穫された葡萄は、遅くとも15分後にはセラーに運び込まれます。醸造時は、注意深く見守りながら、年によって違う特徴に合わせて、作業を進めてゆきます。

畑の広さ: 10 ha
(内7haから葡萄を生産)
仕立て: Guyot semplice
土壌:粘土砂質
品種
白品種: Malvasia, Ortrugo, Marsanne, Trebbiano, Sauvignon, Moscato.
赤品種: Barbera, Bonarda, Cabernet Sauvignon.


畝間の緑 : 畝間に草を生やすことで土地の流出を防ぎ、微生物豊かな土壌を守っています。その効果は、もちろんワインの要素となって現れてきます。

剪定 : 冬に行う剪定では枝を1本だけ残します。春には、芽の数を制限し、収量を抑え、葡萄に大地の要素を込めてゆきます。

収穫 : 味見や分析を行った後、熟した葡萄を手摘みで小さなかごに収穫してゆきます。15-20分後には全房発酵へ移っています。


La cantina  セラー
2000年に地下を改修し、理想的なセラー環境を整えました。葡萄畑から醸造まで一貫した哲学を貫くため、また食品の安全を守るため、作業環境およびワインの保管環境は美しく快適です。

醸造 : 二酸化硫黄の使用をゼロ~最小限に抑え、天然酵母で発酵。ワインのタイプや年によって、途中経過は異なる。


VINI
Vino Spumante di Qualità - Methode Classico - Millesimato 2006
ヴィーノ・スプマンテ・ディ・カリタ - メトード・クラッシコ - ミレジマート
葡萄品種とキュヴェ
マルヴァジーア、ソーヴィニョン 40%、シャルドネ 40%、マルサンヌ、トレッビアーノ、オルトゥルゴ 20%
各パーセンテージごとのキュヴェを混醸後、アッサンブラージュし瓶内2次発酵。

シャンパーニュの素晴らしい伝統に敬意を表しつつ、この土地で行われてきた多品種をひとつのキュヴェに込めるという手法を行いました。2年のシュール・リーにより、細やかさ、エレガントさ、そして魅力的なフレッシュさと芳醇な風味を引き出しました。
年産 : 2000本

a0157027_17414768.jpg

Colli Piacentini - Monterosso Val d'Arda DOC - SOLATA 2008
コッリピアチェンティーニ - モンテロッソ・ヴァルダァルダDOC - ソラータ
葡萄品種とキュヴェ
マルヴァジーア、ソーヴィニョン 60%、マルサンヌ、トレッビアーノ、オルトゥルゴ 30%、シャルドネ 10%

地品種を柱とし、葡萄の木 1本1本が溶け合った味わいのこのワインで、この土地と私たち自身を映しだしたいと思って仕込みました。私たちの美しい土地のハーモニーが伝わったらうれしく思います。フレッシュさと味わいを失わないように、フィルターはかけず、厚みのあるミネラル感と細やかな果実味を引き出しています。
年産 : 2400本


Colli Piacentini - Gutturnio Classico DOC - NICCHIO 2008
コッリピアチェンティーニ - グットゥルニオ・クラッシコDOC - ニッキオ (バルベーラ、ボナルダ)
葡萄品種
バルベーラ 60%、ボナルダ 40%

熟した果実香が好ましく、要素が豊富。若いが生き生きしていて、ちゃんと個性を持っています。
滑らかで、集中力があり、十分な濃さと豊かさがあります。バルベーラとボナルダの強さや葡萄の特徴がまじりあうようにとフィルターはかけていません。
年産 : 6400本

HPはこちら ↓
http://www.cardinalidoc.it/
[PR]
by w-inc | 2010-05-26 17:37 | Vino

La Gerla

早々に訪問したモンタルチーノ。
今週入荷のこの造り手に会うために、再訪したのは12月でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LA GERLA
ラ・ジェルラ
a0157027_2363158.jpg


Montalcino terra di vino (モンタルチーノ、ワインの大地)
モンタルチーノという響きから連想されるようにこの街は、14世紀の要塞に囲まれた丘の上にある。そこは、樹齢100年以上のオリーブや見渡す限りのワイン畑に覆われている。
モンタルチーノは、唯一無二の美しさをもった小さな街。糸杉、空色のローズマリー、緑色の丘はゆるやかな起伏を持ち、どこまでも続く。
トスカーナにとってモンタルチーノとは、美術やロレンツォ・デ・メディチなど重要な人物に恵まれた街であり、人間と自然とが調和して暮らしてきた本物の街であり、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノに代表される最上質のワインが生まれた土地でもある。

16世紀の書物には、体と心を温めてくれる朱色のワインのことが記されている。
その3世紀後、ガリバルディらによってブルネッロが再発見されたときも、まさに同じ驚きを与えたようだ。
有名な作家のマリオ・ソルダーティも強烈な印象を残す朱色のネクターについて、“ブルネッロは、世界のエリートワインに値する”とコメントしている。もし彼がまだ生きていたら“ブルネッロは、いまや世界一のワインだ!”と言うに違いないが・・・。

ブルネッロは、エリザベス女王、トニー・ブレア、ビル・クリントン、ケビン・コスナー、ルチアーノ・パヴァロッティなど世界の要人にも愛されている。

ブルネッロは現在、年間1億ユーロもの取引を生みだしている。1ヘクタールのブルネッロの葡萄は、30~40万ユーロの価値があると見なされている。ミラノのボッコーニ大学の研究によると、ブルネッロというトレードマーク自体に2億5千万ユーロもの価値があるとのこと。
ブルネッロという名前は、モンタルチーノを横切る小川から取られている。いったい誰が、この名前が世界のトップワインの名になると想像できただろうか?
a0157027_2314288.jpg



Piccolo cru nel cuore di Montalcino (モンタルチーノの心臓部に位置する小さなクリュ)
ラ・ジェルラは、モンタルチーノの丘がゆるやかに平地に向かう斜面を所有しており、標高は320m。小さなワイナリーとしてスタートし、着々と実績も評価も残してきた。
生粋の田舎の紳士であり、実質的なモンタルチーノ ネイティブのセルジオ・ロッシがビオンディ・サンティ・ファミリーからワイナリーを買い取り、環境保全にも意識しつつ完全な改修を行い、指揮をとっている。
彼は、1978年にラ・ジェルラを創り、今日11.5ヘクタールを所有するワイナリーに育てた。この蔵は、十分な広さのセラーや技術の粋を集めた機械も所有しているが、ワインをオリジナルなものにする人間の温かみと情熱を失ったことは一度もない。

ラ・ジェルラのブルネッロを1杯味わえば、野生の力強さを持った葡萄の華やかなブーケとともに、ワイン造りでの気配りや愛情を感じていただけるだろう。

a0157027_23232294.jpg


La tecnologia al servizio dell’uomo (人間に寄り添う技術)
モンタルチーノのサンジョベーゼは、伝統的なT字型の仕立てで育てられている。2つだけ芽を残して剪定することで、ヘクタール当たりの収量を限定し、最上質の葡萄を育てている。施肥と典型的な病気の予防は、環境にやさしい自然素材を用いて行われる。
収穫は全て手摘みで行われ、醸造は、温度管理やデレスタージュも可能なステンレス・スティール・タンクを用いる。ボトリングは、安全で無菌状態のスペースで行い、重力を用いてビン詰め作業を行うことでワインにストレスを加えない。この仕上げのタッチもラ・ジェルラの偉大なワインを生みだすポイントといえる。


VINI
モンタルチーノの良質の土壌、長年の伝統、そして最先端の技術がラ・ジェルラの上質のワインを構成する3つの主要素となる。ラ・ジェルラは、人間の手が行き届くサイズのワイナリーであり、オーナーのセルジオ・ロッシが育て上げたトスカーナの中心部に輝く小さなクリュである。
十分な広さのワインセラー、ストックセラー、ボトリングルーム、そして最上の設備。
11ヘクタールの葡萄畑は全てブルネッロ・ディ・モンタルチーノ用の畑であり、一部は、ロッソ・ディ・モンタルチーノとBIRBA(ビルバ)に格下げされる。
モンタルチーノの独特の土壌、環境と伝統により、世界で一番のワインが生み出される。

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ:すべてのワインの中のエリート。
ロッソ・ディ・モンタルチーノ:特にいきいきとしていて、フルーティ。
ビルバ:バリック熟成。クラシックなタスカンワイン。
これらのワインの他にラ・ジェルラは、評価の高いグラッパ・ディ・ブルネッロ、そして力強く、土地の特徴を表現し、美味を追求したオリーヴ・オイルを造りだしている。

a0157027_23253880.jpg


Rosso di Montalcino
ロッソ・ディ・モンタルチーノ
畑:270-320m、斜面
葡萄:サンジョベーゼ・グロッソ
仕立て:コルドン・スペロナート
平均樹齢:20年
剪定:各葡萄樹に2,3房のみ残し、収量を下げ、最上質の葡萄を得る
収穫および選果:手作業
醸造:葡萄をやさしくプレスし30℃で発酵、ラッキングは年に2回
ビン詰め:無菌状態でゆっくりと重力を用い行う
熟成:22ヶ月スラヴォニアン・オーク、4か月ビン熟成
年間生産量:3万本

色あい:深いルビー色
香り:上品で繊細、フルーティ、芳香
味わい:滑らかで柔らかく、調和がとれている
組み合わせ:パスタ、ロースト肉、グリル肉
提供温度:16-18℃


Brunello di Montalcino
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ
畑:270-320m、斜面
葡萄:サンジョベーゼ・グロッソ
仕立て:コルドン・スペロナート
平均樹齢:25年
剪定:各葡萄樹に2,3房のみ残し、収量を下げ、最上質の葡萄を得る
収穫および選果:手作業
醸造:葡萄をやさしくプレスし30℃で発酵、15日間のマセラシオン、ラッキングは年に2回
ビン詰め:無菌状態でゆっくりと重力を用い行う
熟成:4年間樽熟成、内3年は50-100hlのスラヴォニアン・オーク樽熟成、8か月ビン熟成
年間生産量:3万本

色あい:深いルビー色、ふちはガーネット
香り:Ethereal(霊妙、この世のものと思えない)、甘いスミレとアヤメの香りが溶け合う、森の中に育つ葡萄を想わせる
味わい:ドライ、温かみ、調和、滑らかで柔らか、骨格・性格とも芯がしっかりしている
組み合わせ:赤身の肉、特に狩猟肉
提供:少なくとも1日の間ボトルを立てておき、1時間前に栓を抜き、デキャンタに入れ提供


Brunello di Montalcino “Vigna gli Angeli”
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ “ヴィーニャ・リ・アンジェリ”
畑:270-320m、斜面
葡萄:サンジョベーゼ・グロッソ
仕立て:コルドン・スペロナート
平均樹齢:25年
剪定:各葡萄樹に2,3房のみ残し、収量を下げ、最上質の葡萄を得る(5000kg/hl)
収穫および選果:手作業
醸造:葡萄をやさしくプレスし30℃で発酵、15日間のマセラシオン、ラッキングは年に2回
ビン詰め:無菌状態でゆっくりと重力を用い行う
熟成:4年間樽熟成、内3年は50-100hlのスラヴォニアン・オーク樽熟成、6か月ビン熟成
年間生産量:5700本

色あい:深いルビー色、ふちはガーネット
香り:Ethereal(霊妙、この世のものと思えない)、甘いスミレとアヤメの香りが溶け合う、森の中に育つ葡萄を想わせる
味わい:ドライ、温かみ、調和、滑らかで柔らか、骨格・性格とも芯がしっかりしている
組み合わせ:赤身の肉、特に狩猟肉
提供:少なくとも1日の間ボトルを立てておき、2時間前に栓を抜き、デキャンタに入れ提供


Olio extravergine di oliva
オーリオ・エクストラヴェルジネ・ディ・オリーヴァ
畑:カナリッチオ、カステルヌオーヴォ・デル・アバーテ
標高:300m
品種:トスカーナ地域特有の品種:フラントイオ(コレッジオーロ)、レッチノ、モライオーロ、オリヴァストロ
酸度:0.5%以下
色合い:深い緑色
プレス:オイル特有のアロマと風味を完全に表現するためにコールド・プレスを採用
組み合わせ:調理中ではなく、仕上がったお皿にかけることをお勧めする

a0157027_23273690.jpg

http://www.lagerlamontalcino.com
[PR]
by w-inc | 2010-05-23 23:32 | Vino

Montalcino

イタリア到着の翌日にはアポイントがあり、モンタルチーノに向かいました。
a0157027_22233714.jpg

見渡す限り広がる、丘陵地帯と葡萄畑。
a0157027_22244072.jpg

豊かで恵まれた土地です。
今回のヨーロッパ行は、僕にとって聖地巡礼そのものでした。
a0157027_22423820.jpg

中心部のショップやレストランは、もちろんブルネッロだらけ。
a0157027_2243506.jpg

そして夜は更けてゆく・・・。
[PR]
by w-inc | 2010-05-23 22:45 | Vino

10000Km

昨年の11月、12月にフィレンツェIn、フィレンツェOutでイタリア・フランスを50日間まわりました。
a0157027_14451668.jpg

a0157027_14455526.jpg

Ponte Vecchio
a0157027_14462515.jpg

Duomo (Santa Maria del Fiore)

美しい! とフィレンツェをすぐに好きになったのもつかの間、
試飲会や蔵元の訪問、重要都市や田舎(!)を巡って移動の日々。。。
気付いたら、帰る頃には10000Km走っていました。
・・・1日 200Km? ちょっと走りすぎました。
そんな旅で出会ったワインがまた入荷してきます。
イタリア便も1週間早まったので、後ほど造り手資料をアップします。
どうぞご期待ください。
[PR]
by W-inc | 2010-05-23 14:48 | W

W お問い合わせ先

Wへのお問い合わせは、 ↓ こちらまでどうぞ。

株式会社 W (ダブリュー)
〒536-0004
大阪市城東区今福西2-16-17
FAX 020-4623-8427
e-mail atelier@winc.asia
HP   http://winc.asia/
blog : http://winc.exblog.jp
twitter : https://twitter.com/gypsywaka
facebook :
https://www.facebook.com/pages/W-inc株式会社W/1484083021878911?ref=hl

代表
若槻 隆裕(わかつき たかひろ)
TEL 090-6006-8725
e-mail  waka1975@gmail.com

営業、広報、出荷担当
味岡 節(あじおか みさお)
TEL 090-9873-4378
e-mail  ajioka1975@gmail.com

大阪、東京を拠点にして全国をまわってゆきます。
各地でのコラボレーションよろしくお願いします!

平日9:30~18:30 をコアタイムとしていますが、
それ以外の曜日・時間帯でもお問い合わせ、オーダー、お誘い(?)お待ちしています。

蔵元からの配送はワイン専門の輸送業者で14度定温
倉庫は、品川埠頭 新興海陸運輸 14度定温
配送は、リファーシステムジャパン、日本郵便、ヤマト運輸
にて行っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------
Takahiro Wakatsuki, W Inc. (Osaka, main)
postal code : 536-0004
2-16-17 Imafuku-Nishi, Jyoto-ku, Osaka, JAPAN (NEW ADDRESS)

HP : http://winc.asia/
blog : http://winc.exblog.jp
twitter : https://twitter.com/gypsywaka
facebook :
https://www.facebook.com/pages/W-inc株式会社W/1484083021878911?ref=hl


And one more NEW ADDRESS in Tokyo

W's Tokyo office "WONDERLAND"
postal code : 151-0053
102 Sangubashi Skycorp.
5-60-2 Yoyogi, Shibuya-ku, Tokyo, JAPAN

Taka's mobile : +81-90-6006-8725
Osaka phone : +81-6-6931-6630
-------------------------------------------
[PR]
by W-inc | 2010-05-15 12:14 | お問い合わせ先