W 「vin & vino, wines of the world, with you!」

<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

春よ来い!

まだまだ寒いですね。
現在、岩手の実家に滞在中ですが、朝の気温は「-6°C」!
まだ雪も降ってます・・・。

気分だけでも春にということで夜桜 ↑ に変えてみました。
お花見には、フォルテト・デッラ・ルーヤのモスカート・ダスティを持って行こうと思っていますが、果たして・・・?

「春よ来い!!」
[PR]
by W-inc | 2010-03-28 17:45 | W

BÉNÉDICTE ET GRÉGOIRE HUBAU

a0157027_13511151.jpg


Chateau Moulin
Chateau Haut Lariveau
Chateau Moulin Pey-Labrie


Les vignerons:造り手

BÉNÉDICTE ET GRÉGOIRE HUBAU
ベネディクト&グレゴワール・ユボー

偉大なボルドーのテロワールに抱かれたフロンサックで、コンピュータ・サイエンティストだった女性が大平原に暮らす男に出会ったところから物語は始まりました。

それは1988年のこと。土地の個性を備えた上質な畑を3年かけて探していたとき。
偉大なテロワールを最大限に表現してくれるそんな畑を。

リュック&マリー・ティエンポンと知り合い、エキスパートたちと畑を探して、ようやく二人はムーラン・ペイ=ラブリーへたどり着きます。

それは収穫の3日前。すぐに実地トレーニングを受けながら、毎晩ミシェル・ロランとともに醸造を続けることになりました。

この新たな冒険で、記念すべき二人のファースト・ヴィンテージ1988が誕生します。
1990年には、Camille カミーユが。Louis ルイは、1991年。Martin マルティンは、1997年に。

二人の哲学は、フィネス・エレガンス・バランスを備えた上で、各ヴィンテージのテロワールを引き出すこと。そのボトルをただ楽しむために。

a0157027_2211955.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ユボー夫妻と出会ったのは、2009年の11月末、ノルマンディーの試飲会でした。前向きな明るい果実味をもった3種のワインは、それぞれ独自の個性・スタイルを持っていて、二人に感想を伝えると「そうそう本当にその通りで、私たちもそれぞれの畑の個性を引き出せてとても満足しているんだよ。」と明るく答えてくれました。ユボーさんは、きさくで仲の良い夫妻なのですが、その人柄もやっぱりワインに現れている気がして、テイスティングしながら明るい気分にさせてもらったのが、印象に残っています。 W 若槻
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


LES VIGNOBLES : 畑

6.75ヘクタールのMoulin Pey-Labrie ムーラン・ペイ=ラブリーでスタートした後、4.5ヘクタールのHaut-Lariveau オー・ラリヴォーとセカンドラベルものを造っている3.5ヘクタールのCombes Canon コンブ・カノンという小さな畑を取得しました。
この計15ヘクタールの畑は、AOC Fronsac フロンサック、Canon-Fronsac カノン=フロンサックに位置しています。

CHATEAU MOULIN PEY-LABRIE:
6.75ヘクタール
石灰粘土質砂岩土壌、丘側
品種 : 98% メルロ、 2% マルベック

CHATEAU HAUT LARIVEAU:
8ヘクタール
- 空気を含んだ石灰粘土質土壌
- 粘土砂利質土壌、高台
の2種の土壌
品種 : 100% メルロ


LES VIGNES : 葡萄

この地の石灰粘土質土壌では、メルロが王様として実力を発揮します。土壌のミネラル分によって、楽しむために重要な鍵となるフレッシュさ・充実した果実とエレガンスが表現されます。
密植率は、1ヘクタールあたり6000~7000本。
フロンサックは、地中海性のミクロクリマを持っています。


LA NAISSANCE DU VIN : ワインの誕生

良いワインは、セラーではなく畑で生まれます。
そのために土壌と調和した葡萄畑で、健康に成熟した上質の葡萄を収穫するようこころがけています。
- 収量を抑えるための剪定
- 畑を草で覆い、耕起を行うことで土壌が呼吸できます。また、微生物の活動を最大限生かすことで、土壌から葡萄樹へと栄養が送られます。
a0157027_2214987.jpg

収穫は手摘みで行い、選果台にてさらに選別され、小さなタンクへと移されます。
a0157027_22142878.jpg

醸造は、厳密なセレクションを行い、各区画の味わいを最大限に引き出すために各区画ごとに行われます。発酵は、ワインのエレガントさを尊重するためスムーズに行い、その後、ボトリングまでの期間16~18 ヶ月樽熟成されます。


CHATEAU MOULIN
Canon-Fronsac

ミネラル豊富なテロワールの気品を表現する類いまれなスタイル

造り手  Bénédicte et Grégoire HUBAU
アペラシオン Canon-Fronsac
畑  3 ヘクタール、石灰粘土質
平均樹齢 35年
品種 100 % メルロ
         ワイン造り完熟した葡萄を手摘みで収穫、除梗を行う
         発酵は約3週間、温度コントロールを行う
         コンサルタント・エノロゴ:ミシェル・ロラン、C.ヴェイリー
熟成 12~18ヶ月 樽熟成
生産本数 1300ケース


CHATEAU
HAUT LARIVEAU
Fronsac

美食欲を刺激するまろやかでフェミニンなスタイル

造り手 Bénédicte et Grégoire HUBAU
アペラシオン  Fronsac
畑 8ヘクタール、石灰粘土質および石灰砂利質
平均樹齢 35年
品種 100 %メルロ
ワイン造り 完熟した葡萄を手摘みで収穫、除梗を行う
         発酵は約3週間、温度コントロールを行う
         コンサルタント・エノロゴ:ミシェル・ロラン、C.ヴェイリー
熟成 12~18ヶ月 樽熟成
生産本数 3 000ケース


CHATEAU
MOULIN PEY-LABRIE
Canon-Fronsac

ミネラル豊富なテロワールの気品を表現する類いまれなスタイル
a0157027_22151832.jpg

造り手  Bénédicte et Grégoire HUBAU
アペラシオン Canon-Fronsac
畑  石灰粘土質砂岩土壌
平均樹齢 35年
品種 100 % メルロ
ワイン造り 完熟した葡萄を手摘みで収穫、除梗を行う
         温度コントロール可能な小さなタンクで長い発酵を経る、
         コンサルタント・エノロゴ:ミシェル・ロラン、C.ヴェイリー
熟成 18ヶ月 樽熟成、内30~50%新樽
生産本数 250ケース


ヴィンテージ

2009かわいい赤ちゃん ! ! ! !
とっても大きな赤ちゃん....... 大きなほっぺたとぽっちゃりしたかわいいふともも....かわいくてしょうがない!

2008美しい赤ちゃん!!!
Moulin Pey-Labrieが特に恵まれた年。 熟成を経て数年のうちに気立ての良い、風格あるワインを楽しむことができるでしょう。

2007 フィネスある豊かな味わい
まだ熟成が進行中ですが、テイスティング時には毎回楽しんでいます。

2006 エレガンスと端正な味わい
ミネラルのフレッシュさが前面に出たヴィンテージ。タンニンは、細やかでエレガント。将来性も保証します!

2005 力強さ、血統、成熟
"... 5 'の付くヴィンテージは、1975 - 1985 - 1995 ととても偉大なワインを生みだしてきました。2005は、とても偉大なワインというよりは、例外的なワインと言っておきましょう。

2004 フィネス、バランス、ピュアな果実
2004年は、クラシックな良さをもった、エレガンスにあふれたヴィンテージです。タンニンにフレッシュさがあり、将来性も十分です。

2003 丸くて豊か
2003はとても豊かな味わい。太陽と共に成長を遂げた年でした。石灰岩のおかげでフレッシュさもあります。豊かな果実とタンニンの丸みがあり、若飲みもできるヴィンテージです。

2002 フィネス&エレガンス
フィネスとエレガンスがあり、いまでもフルーツジュースのようにスルッと飲むことができます。パワー=noエレガンス。その通り!ワインは、享楽的な味わいのものだけではないですよね?

2001 力強さ、成熟、個性
2001は、濃さと複雑さを併せ持ったまれなヴィンテージ。石灰岩が与えてくれるフレッシュさと“バランス”、そして2000年の濃さを持ち、将来性にも恵まれています

2000 力強い果実
かご一杯の赤い果実の香り。砂糖漬け果実を想わせる味わい。余韻は長く力強い。熟成具合を確かめるために数カ月の内にまた開けてみたいと思わせてくれる。この美しいワインを開ける幸運に恵まれた方は、すばらしい楽しみを得ることでしょう

a0157027_22154638.jpg


BÉNÉDICTE ET GRÉGOIRE HUBAU HP
http://www.moulinpeylabrie.com/
[PR]
by W-inc | 2010-03-15 13:57 | Vin

ご参加ありがとうございました。

こんな感じで
a0157027_14141717.jpg

こじんまりと開かせていただきました。
遠くからもご参加いただきましてありがとうございました。
[PR]
by W-inc | 2010-03-15 12:35 | イベントなど

W テイスティング会@大阪・梅田 (酒販店向け)

梅田から徒歩10分くらい、中崎町にて酒販店向けの試飲会を行います。

日時
3月11日(木) 11:00~16:30 

場所
大阪市北区中崎西1丁目6-22 2F
コラボカフェ大阪 tsubomi

JR大阪駅、各線梅田駅より徒歩10分ほど
谷町線 中崎町駅より 徒歩3分

たどりつき方
NU茶屋町を左手に阪急梅田駅を背に、つきあたりの小学校(旧済美小学校)まで直進。
つきあたりを左折してスバコハイツの手前を右折して10歩。
or
中崎町駅4番出口を出てすぐ右折。1~2分ほどまっすぐ歩いて、
スバコハイツ手前を右折して10歩。


ワイン
Gilbert Jacquesson (Champagne)
Person (Champagne)
Rietsch (Alsace)

Alberto Tedeschi (Emilia)
Forteto della Luja (Piemonte)
計14アイテムを予定しています。(売り切れアイテム以外で。)
a0157027_18263466.jpg

この建物の2Fです。
a0157027_18283354.jpg

階段を上ると・・・
a0157027_18293762.jpg

こんな感じ。
a0157027_18302791.jpg

厨房が空いてるので、おつまみコラボ どうでしょう?

ちょっとはずれですが、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by W-inc | 2010-03-11 11:00 | イベントなど

もう3月なので

扉絵を冬眠から目覚めたクマに ↑ してみました。
(ベアークロー??)
W君も冬眠終わりということで。
ガレージはまだ寒いですが、がんばりますっ!!
[PR]
by W-inc | 2010-03-01 20:06 | W