W 「vin & vino, wines of the world, with you!」

RIETSCH リエッシュ

à Mittelbergheim

a0157027_13151081.jpg


Domaine RIETSCH(ドメーヌ リエッシュ)は、アルザス地方ミッテルベルカイム(ストラスブールとコルマーの中間地点)でリエッシュ・ファミリーが営むドメーヌです。
現在ドメーヌは、父親から息子たちにバトンタッチされ、ジャン・ピエールを中心に家族が力を合わせ、11.5haの畑から、10種類ほどの品種、25種類ほどのワインが造られています。

a0157027_13164062.jpg

↑(Mittelbergheimを望む)  ↓(Jean Pierre RIETSCH)
a0157027_13175943.jpg


a0157027_13194932.jpg

Mittelbergheimは、
「フランスで最も美しい村のひとつ」とされています。素朴でこじんまりとした村の道路は、狭く感じられるのですが、各家々は扉を開けると驚くほど中が広いのです。さすが伝統地域と感心する瞬間です。(通りを歩くとほとんどの家がワイナリーです。)

a0157027_13222174.jpg

RIETSCH 家の人々は、
もの静かで素直。育ちの良さが伝わってきます。彼らは、葡萄やワインに対してもあまり手を加えずにシンプルに良さを引き出そうとしています。
実験的なキュヴェも仕込んでいますが、そつなく仕上げています。畑は、ビオロジックに転換中で、今後もさらに楽しみな造り手です。

a0157027_13232331.jpg

Domaineでは、
テイスティングルーム、セラー、作業場、壁や庭の木々までさりげなく整えられていて、彼らのセンスの良さ、そして葡萄の樹の手入れの仕方が想像できます。
ドメーヌのすぐ裏に暮らしているアーティストとのつながりも深く、ラベルやワインの名前を決める際にもインスピレーションを出し合っています。


photo gallery

a0157027_1326942.jpg

各畑の土壌ディスプレー。砂礫質、石灰質土壌が多い

a0157027_13273117.jpg

中くらいのフードルが大事に使われているカーヴ

a0157027_13285262.jpg

カーヴ開きで出していた2009年の仕込み中のサンプル

a0157027_1330667.jpg

カーヴの地下2階には、小振りのステンレスタンクがずらり

a0157027_13314361.jpg

門の横には年季の入った垂直プレスがライトアップ

a0157027_13331483.jpg

お父さんはほぼ引退ですが収穫などまだ働きたいみたい

a0157027_1334714.jpg

お父さんが作っていたEau de Vie。残念ながら生産ストップ

a0157027_13354586.jpg

落ち着いた雰囲気のテイスティングルーム

a0157027_13371895.jpg

アーティストのお姉さん。かっこいいです

VINS
a0157027_13382419.jpg

Cremant d’Alsace
一番右のシャルドネ、ブリュットをチョイス。辛口ながらほどよい果実味の支えがある。

a0157027_13395436.jpg

SANS DOUTE (Riesling)
= No Doubt
≒ グリム童話のカエルが美しい王子になるお話から、ワインの成長に期待を込めて

a0157027_1341655.jpg

Grand Cru Wiebelsberg Riesling
未知との遭遇?
一部の葡萄に貴腐がついていて、セック〜ドゥミ・セックです。

a0157027_1341537.jpg

Blanc de Noir et PAS SAGE
= Not Wise (man) (賢人ではない)
≒ passage (パサージュ、小径)
≒ passage = change-over (変化)

今後も何か出てくるか楽しみですね。
[PR]
by W-inc | 2010-02-10 13:42 | Vin
<< Gilbert Jacques... Person ペルソン >>