W 「vin & vino, wines of the world, with you!」

2014年 フランスの旅(その1)

ちょっと一通迷路なサン・セバスティアンの街を脱出し、一路南仏ガスコーニュ地方 アルマニャック、カスタレードへ。
http://winc.exblog.jp/18018612/
(地図で見ると近いけど、地面を這って行くのはなかなか時間がかかります。。)

年代物のシャトー。
a0157027_14381143.jpg

現役のアランビック蒸留機。
a0157027_14402832.jpg

a0157027_14413452.jpg

長い年月 樽で熟成。
a0157027_14394183.jpg

a0157027_14423260.jpg

a0157027_14424179.jpg

量の少ないバックヴィンテージは、ボンボンで保存。
a0157027_14431578.jpg

長い時を経た、霊妙な香り。しなやか、まろやかな味わい。
a0157027_14435167.jpg

a0157027_14455172.jpg

a0157027_1444996.jpg

蔵の味わいを守るセラーマスターのジャン。(Monsieur Jean Bottéon)
説明しながら、蔵を案内してくれました。
(当主のフローレンスは、海外出張中でした。
そのフローレンスが10月中旬に来日ツアーをする予定です。よろしくお願いします!)

バ・アルマニャックから次はトゥールーズの北フロントンへひた走り、シャトー・ラ・コロンビエールを訪問。もう暗くなっていました。

暗い中、足早にセラーを。
セメント醗酵槽。
a0157027_15444834.jpg

ステンレスタンク。
a0157027_1544505.jpg

ディナミゼ用の容器。
a0157027_15451561.jpg

樽熟成も試行錯誤中。
a0157027_15465317.jpg


少量生産ですが、古代品種を復活させた彼らの白ワインも素晴らしいです。
a0157027_15581761.jpg

バタバタで素敵なファミリーの写真を撮るのを忘れていましたが、ディナーをごちそうになりながら、彼らの丁寧な造りのワインをいただきました。
ダイアン、ピエール、そして子供たち、ありがとう!

http://winc.exblog.jp/15366985/
[PR]
by W-inc | 2014-08-20 21:00 | Vin
<< 2014年 スペインの旅(後編) 2014年 フランスの旅(その2) >>