W 「vin & vino, wines of the world, with you!」

新着フランス便 速報

先週のオクタヴァンweek、margoさんでの「しっとり、じんわり」な会から大阪へ戻って来たら、仕事部屋がセラー温度になっていた若槻です。皆さん、いかがお過ごしですか?

twitter では取り急ぎ「業務連絡」させていただきましたが、フランス便 20フィート 1コンテナ、おとといより出荷を開始しています。
a0157027_14253273.jpg

イタリア便に続き、こちらも盛りだくさん。

パコリの洋梨メインのカルヴァドスは、熟成した旨みの12年もの、30年ものも入荷。
切らしていたムータルディエも入荷です。ペルソンとともによろしくお願いします。

a0157027_14303162.jpg

アドリアン・ルー からは、ノンフィルターで仕上げてもらった2011年のシャブリとサンプルボトルのロゼが。

a0157027_1430876.jpg

リエッシュの初物5人衆は、
2009年のピノ・グリ、リースリングに2010年の葡萄を絞ったジュースを加えて瓶内2次発酵させたクレマン。どすこい満月ボトルです。(SO2ゼロ)
リースリング 1L は、樹齢15年ほどの区画から。動物達を乗せたノアの箱船が銀河を漂っているように見えるのは僕だけでしょうか?
犬と狼のラベルは、オーセロワ×ピノ・ブラン。近いとされる2品種の組み合わせ、最終的にはどっちになるか?
好評のシルヴァネールは2011年もの、そして2006年以来久々のブラン・ド・ノワールも入りました。2006に比べると、色は淡めです。

追加が入ったオシェールもフルラインナップ充実してます。

そしてW ジュラ&サヴォア王国からも素敵なワインが届いています。
a0157027_14505264.jpg

こちらはグレゴワール・ペロン。
昨年より果実味豊かなル・プティ・ザンク。
白ビール的にごりたっぷりのシナプス。
ラ・フリュット・アジテは、辛口で上品。(ここまで3種は、品種ジャケールです。)
初入荷のノクトーン・ビュルは、黒葡萄プールサールから。
そうです。以前、写真をアップした樹齢100年以上のソヴァージュな畑からです。
a0157027_14585152.jpg



a0157027_151688.jpg

極少量生産のジル・ベルリオからは2011年のラインナップ7種が届きました。(ジャケール、アルテス、ルーサンヌ、モンドゥーズ)

一番右の Les Filles は、毎年ラベルが変わります。
2007年に初めてリリースされたこのキュヴェ。
モンペリエの有機農業リサーチセンターとのコラボで、どうやったらボルドー液の散布を減らせるかの研究で、エッセンシャル・オイル、茶葉、植物を混ぜたものなどで試していた際に、二人のかわいい技術者が毎週訪れていて思いついたそうです。
以降、絵や写真などで彼を手伝ってくれている Les Filles = Girls をフィーチャーしています。
妻のクリスティーヌ、畑を一緒に作業しているスタッフ・・・、2011年ものは葡萄の葉っぱのビキニで登場!ということになっています。

a0157027_16493566.jpg

真打ちは先週来日していたアリスとシャルルのワイン。
2008年もののクレマンは、冷やし目だと辛口でキレの良いスパークリング。(泡もきめ細やかです。)温度高めだと、ジュラ特有のチーズや乳酸っぽい個性がでてきます。オススメとしては、少し冷やし目からどんどん温度を上げつつ味わっていただきたいです。
サヴァニャン(蒸発した分の注ぎ足しアリ)のコンテス・ア。こちらは、オペラ フィガロの結婚のアルマヴィーヴァ伯爵のことだそうです。味わいは、エロおやじ(失礼!)っぽいところはなく、ピュアでミネラリー。かえって純情な感じです。(* Comtesse は、伯爵夫人ですね。これで味わいも納得です。)
レ・コルヴェのラベルの言葉遊びについては、飯吉が後でアップしてくれると思います。
大トリの「レンヌ・ドゥ・ラ・ニュイ=夜の女王」ですね。シャルドネ&サヴァニャンの熟成中 蒸発した分の注ぎ足しナシのこのキュヴェは、オペラ 魔笛での存在感そのままにという感じでしょうか。赤ワインの後に味わうのも良いですね。

毎週更新しているリストはこちらからどうぞ。
http://winc.asia/

先日、リベルタンの会でアリスが、「ワインは、みんなでシェアして楽しむのが一番」と言っていました。年末年始のこの時期も友人、家族と楽しい時間を共有していただければ、造り手達の努力も報われるのではと思います。(僕らの努力も確実に報われます!ペコリ。)

a0157027_1729980.jpg

と、いうことで Santé !!
[PR]
by w-inc | 2012-11-21 17:41 | Vin
<< Domaine de l... 11.14 オクタヴァンの会@... >>