W 「vin & vino, wines of the world, with you!」

Adrien Roux

アドリアン・ルー

Domaine Caroline Marion
(ドメーヌ・キャロリーヌ・マリオン)

●ブルゴーニュ地方、シャブリ

「Vive La Vigne !  将来性抜群のシャブリの新星」
a0157027_11432150.jpg


この蔵は、元々アドリアンの母親の従姉妹に当たるキャロリーヌ・マリオンが1997年に創立しました。2002年の秋、アドリアンがこの蔵の収穫を手伝ったことがワインの世界に興味を持つきっかけになりました。オーセンティックな仕事をしたいと思っていた彼は、前から考えていたミュージカル製作をするかワイン造りの世界に入るか迷います。彼が23歳の時でした。

1年後、彼は、ローヌ地方のタン・エルミタージュでワイン造りの勉強に取り掛かります。そしてすぐに気付いたことは、私達がワインという飲み物について通常イメージしているものを、実際には飲んでいなかったということです。

クラスの仲間はさまざまで興味深く、多様なワインをたくさん試飲し、そして生産者を訪問しました。授業中の試飲は必ずブラインド・テイスティングだったので、仲間と飲む時も同様でした。その結果、ビオロジックワインが優れていることが度々あると感じたのです。

2年間の研修先がコルナスでビオディナミを行うマチュー・バレだったこともアドリアンに大きな影響を与えました。「ビオディナミ農法」を取り入れた葡萄栽培というのは、手間隙のかかる馬鹿げた方法なのに、彼らはあえて果敢に取り組んでおり、熱心な、そして細やかな感性を持った人達だと気付いたのです。アドリアンは、彼らの情熱と素晴らしさに感じ入りました。そして、一人一人の力は小さくても、この運動を続けていけば大きなうねりとなり、フランス社会の根底に何か影響するのではないか? はっきりとした理由はありませんが、こう確信したのです。

2006年、研修もあと半年になった頃、ワインを学んだローヌ地方でワイン造りができたらと考えていたのですが、キャロリーヌが病気にかかってしまい、アドリアンは彼女を手伝いに急遽シャブリに戻りました。そして、彼女はその年の終わりに亡くなってしまいます。こうしてローヌでワイン造りを夢見た青年は、シャブリでワインを造る事になったのです。

a0157027_123215.jpg


【栽培・醸造】
キャロリーヌの時代は、むやみに化学合成農薬を撒くのではなく、必要な部分だけ除草剤や防虫剤を使う「減農薬」栽培でした。アドリアンがブドウ畑を引き継ぐと、すぐに草が生えだし、大きなリバウンドもなくビオディナミ農法に移ることができました。しかしシャブリ地方の気候と彼の畑を考えると、今の段階では完全にビオディナミにしてしまうことはできません。ビオディナミ農法を主体にしつつ、一部の畑だけベト病とうどん粉病の対策として化学合成物質の農薬を使っています。それ以外の防腐剤や防虫剤は一切使わず、除草剤もごく一部に限って使っています。
栽培面積:6.7ha。

2009年から、斜面の傾斜がきつい区画で雑草を生やして、土が流れ落ちるのを防ぐと共に、ブドウと共存させて生育期の水分調整をしています。

a0157027_129542.jpg

小石混じりの土壌(やはり土壌は全体的に白い! 石灰が豊富。)
a0157027_1245232.jpg

極寒の中、畑の特徴、剪定&仕立て方を教えてくれました。
a0157027_1210750.jpg

遅霜にやられないよう(ギリギリまで眠っているように)、枝を曲げて地表に近く仕立てます。

【ワイン】
Petit Chablis(プティ・シャブリ)2011
品種:シャルドネ
土壌・栽培:北西から南西に向かって円形闘技場のように傾斜(斜度40%)した2.85haの区画。粘土石灰質土壌(ジュラ紀後期のポートランディアン)減農薬栽培。樹齢:28年。
収量:50hl/ha。手摘みで収穫。収穫スタッフ各々が、ブドウを摘んだらすぐその場で厳しく選果して、腐敗果がないブドウだけをケースに入れる。
醸造・熟成:金属性またはステンレス製のタンクにて、18~21度の温度で約1ヶ月かけて、天然酵母によるアルコール発酵と乳酸発酵をさせる。SO2は発酵前と発酵後に少量添加するが、熟成中やビン詰め時には加えない。熟成期間は数ヶ月~12ヶ月。熟成の状態を見ながら、タンクごとに数回に分けてビン詰め。
ワインの特徴:この蔵の切り札として位置づけられるキュヴェ。とても傾斜の強い扇形の斜面の上部は、風と日差しが強く、一般的なプティ・シャブリの畑より個性が強調される。
2011年は2009年や2008年とはガラッと違い、典型性を備えた年(2010年よりも)。ミネラル感、フレッシュな植物、白い果物やトロピカルフルーツの香りが混ざった繊細なアロマが特徴。

a0157027_1363084.jpg


Tres-libre(トレ・リーブル)2010
品種:ピノ・ノワール96%、セザール4%
土壌・栽培:南向きの区画と、南東向きの区画の二つ合わせて2.5haの畑は、斜度15~30%。粘土石灰質の土壌。減農薬栽培。樹齢:7~17年。
収量:50hl/ha。手摘みで収穫。厳格な選果作業を行う。
醸造・熟成:グラスファイバー製のタンクにて、18~20度の温度で天然酵母によるアルコール発酵。期間1ヶ月。その内、マセラシオンは7日。熟成期間は3ヶ月。SO2は発酵後に一度だけ20mg/L添加。
ワインの特徴:ワイン名はフランス語で「とても自由な」と言う意味。前からSO2を使わずにアルコール発酵をさせたかったが、自分の腕と設備がそこまで到達していなかった。良いブドウが採れ、また選果をとても厳しく行ったお陰で、初めて実現できたキュヴェ。その分、あれこれいじったりせず、極力シンプルなワイン作りを心がけ、フルーティでライトな風味を大事にした。繊細な赤い果実の香りとエレガントな口当たり。アタックは控えめでありながら、フランクで口中にボリューム感がある。スムーズなのど越し。

a0157027_1254043.jpg


a0157027_1262476.jpg

[PR]
by w-inc | 2012-05-28 15:26 | Vin
<< ロアッツォーロの風景 Domaine Gilles ... >>