W 「vin & vino, wines of the world, with you!」

Domaine Pierre André

ドメーヌ・ピエール・アンドレ

●産地:ローヌ地方 クルテゾン村

LE DOMAINE
南ローヌ地方、オランジュからアヴィニヨンの間にある、クルテゾン村でシャトーヌフ・デュ・パプを生産する家族経営のドメーヌです。
砂利質(珪岩)、粘土質、砂質、石灰岩質などの多種多様な地質が見られ、ブドウ畑に好条件な土壌です。温暖な気温と、"fameux mistral"(ミストラル)と呼ばれる南ローヌ特有の地中海に向かって吹き付ける強い北西風の影響をうけ、非常に乾燥した気候で降水量も少なく、かつ直射日光が十分にあたるという気候条件の元、栽培をしています。所有する18ha のうち、16haがシャトーヌフ・デュ・パプの畑です。

a0157027_17121693.jpg



LES VIGNES
植えられているブドウの木の樹齢も古いものが多く、130年以上の樹齢の木もあります。
平均すると樹齢70年ほどです。
a0157027_17152239.jpg
【Rouge】       
GRE NACHE  80 %
SYRAH  10 %      
MOURVEDRE   8 %

残り2%が、下記品種です。
CINCAULT
MUSCARDIN
COUNOISE
PICPOUL
VACCARESE

【Blanc】
CLAIRETTE  40 %    
BOURBOULENC  30 %
ROUSSANE  20 %
GRENACHE  10 %         

1ヘクタールあたり約3500本という植密度でブドウを植えています。

1980年からビオロジック栽培を開始しました。
ブドウ畑に細心の注意を図り、1年を通じ自然のバランスを尊重しながら仕事を進めています。土壌での仕事は、機械での作業と手作業を併せて行い、できる限りブドウの収量を抑えます。また、化学肥料は使用せず、最低限のボルドー液の散布に留めています。

1992年からは本格的にビオディナミでの栽培を開始しました。
自然と造り出すワインとのより一層調和のとれた栽培を目指すべく、このビオディナミ農法を取り入れることにしました。


VINIFICATION
収穫はすべて手摘みで行います。
赤ワインは伝統的なつくり方で仕込んで行きます。収穫されたブドウは除梗せずにタンクへ移し4~5週間ほど発酵させます。タンクと樽を併用して18~20ヶ月熟成させます。フィルターにはかけず、自然有機卵の白身を使って清澄させます。
白ワインは、プレスされた果汁を軽く澱引きをし、19~20℃で発酵させます。軽く清澄し、フィルターにはかけません。

瓶詰めされたワインは熟成用のカーヴに移動へさせます。自然素材を使用したカーヴに改装されたばかりです。

a0157027_17172042.jpg



L’ART DE LES SERVIR
バランスが取れていてエレガント、味わい豊かで膨らみを感じる・・・。そして、テロワールとヴィンテージの特徴がはっきりと表れる、そんなワインをお届けしようとしています。

シャトーヌフ・デュ・パプ・ルージュは3年目のヴィンテージから販売を開始します。5年から10年目で飲みごろを迎えます。15年以上の熟成にも耐えられるワインです。
白ワインは、一般的に3年目まではフレッシュな味わいが広がり、8年から10年目になるとより柔らかく、はちみつを想わせる風味を感じるようになります。

『ワインの本来の味わいを楽しんでいただくために・・・』
赤ワイン:4時間前に抜栓しキャラフェもしくは、デキャンタをし、およそ16℃~17℃でサーヴィスしてください。
肉料理全般、ジビエ、チーズなどに抜群の相性をみせます。

白ワイン:12℃位の温度で冷やし過ぎないことです。
食前酒として、また、白身の肉料理(ソースをかけたもの)、魚料理などとの相性が良いです。

a0157027_17182972.jpg

a0157027_17185629.jpg

[PR]
by w-inc | 2012-05-28 15:23 | Vin
<< Domaine Gilles ... Château la Colo... >>