W 「vin & vino, wines of the world, with you!」

Season's Greetings

あっという間に過ぎてゆく年末年始。
みなさん、どんなお正月をお過ごしでしょうか?

12月半ばに半月のフランス出張から戻ってきました。
おかげさまで良い訪問ができました。
ということで写真を少しおすそわけ。

2週間で3000km。on the road のテーマソングは、もちろんこれ。


a0157027_2150998.jpg


a0157027_21502523.jpg

Michel Couvreurのセラーにて。翁も元気でひと安心。
a0157027_21503840.jpg

深いセラーで静かに熟成するwhisky。
a0157027_21505621.jpg

至高の液体。

a0157027_2151159.jpg

Cyril Zangs。素敵なお兄さんです。新ヴィンテージもさすがの仕上がりです。

a0157027_2159579.jpg

2月に入荷する南仏の Pierre Rousse。魔術師的な風貌・・・。乞うご期待!

a0157027_223724.jpg

ロワールの Nicolas Grosbois。
a0157027_2223579.jpg

彼の畑は、森と塀で囲まれたひとつづきの区画。ワイン造りもこだわりでいっぱいでした。

a0157027_2271192.jpg

Maconの Nicolas Rousset。(Pierreclosの畑にて。)
a0157027_22101113.jpg

ピエールクロ村を見渡す。こちらの村は、山あいに向かって上ってゆく途中に現れました。

a0157027_22453253.jpg

そして今回、最も印象的だった Gregoire Perron の樹齢100年を超える畑。
岩がむき出しで葡萄の樹の一本一本がとても個性的でした。
a0157027_22184871.jpg

グレゴワール宅の猫。。。

a0157027_22193413.jpg

Octavin の Alice。アルボワの畑にて。
早々と品切れになったプールサール、トゥルソーは2月入荷。
そしてその先のヴィンテージも素晴らしい出来でした。

a0157027_2221198.jpg

馬を飼うには、一頭あたり1ヘクタールの牧草地が必要だそう。スキッピーと。
a0157027_22235163.jpg

a0157027_2224632.jpg

Hausherr の Hubert。気は優しくて力持ち。
a0157027_22261471.jpg

畑からは、動物の骨や化石、様々な石などが出てくるそう。

a0157027_22271813.jpg

Rietsch の Jean-Pierre も各畑の特徴的な石を拾って見せてくれました。
数十メートル歩いただけで劇的に変わる土壌。アルザスの複雑さ、懐の深さを感じました。
a0157027_2233971.jpg

a0157027_22315582.jpg

こちらのワインは、犬になるか狼になるか。それとも・・・?

a0157027_22332558.jpg

他にも、Bruno Allion, Lauren Lebled, Sylvain Martinez, Person, も訪問したのですが、
今回は、うまく写真を撮れなかったのでまた今度。
各造り手には、ほんとにお世話になりました。感謝です。

今年も一歩一歩進んで、深めてゆきたいと思います。
(写真は、ニコラ・グロボアの庭からの風景です。)
a0157027_22461148.jpg

本年も一緒に楽しんでいただければ幸いです!どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by w-inc | 2012-01-03 10:05 | W
<< Restaurant Mann... Vini La Favola ... >>