W 「vin & vino, wines of the world, with you!」

Domaine Grosbois

Domaine Grosbois
ドメーヌ・グロボア

●産地:ロワール地方、シノン地区 
a0157027_19445814.jpg

「世界を旅して、シノンの良さを知る」
「日照の良さと徹底した低収量」
「樹を見て聞き、手で触れてブドウと話す」

●蔵元 
ロワール地方において、ソミュールと並ぶ赤ワインの主要産地として有名なシノンで、1820年から家族代々ブドウ栽培を営むグロボア家。創立者のルネ・グロボアから7代目になるニコラが、2005年から当主となっています。
ドメーヌは、ロワール河の支流、ヴィエンヌ川沿いに位置するシノンから約10km川上のプレソワール村にあります。所有する9haのブドウ畑は、川から上部の森へと連なる南向きの斜面にあり、とても優れた日照条件と水はけの良さが特徴です。
蔵は15世紀に建てられた要塞の建物を改装して住居兼醸造所としています。フランス革命後に行われた耕地分割や整理統合の影響を受けなかったため、ブドウ畑はひとかたまりのまま蔵に隣接しています。
ブドウ栽培農家として長い歴史を持つ家に育ったニコラは、家業を継ぐことは当然のことと思いながらも、大学卒業後すぐに実家に戻るには漠然とした抵抗感がありました。それは、「シノンのワイン」というものを明確に捉えきれずにいたからです。
それが理由となってニコラの世界ワイン行脚が始まりました。

1999年、まずは南仏のミネルヴォアにある30haのブドウ畑を持つドメーヌで、高貴なシラー、難しいムールヴェドル、そしてグルナシュ、樹齢の古いカリニャンなど南仏の品種を体験しました。
「世界のワインを知りたい。」南仏で2年働いたニコラは世界に羽ばたきます。
チリのマイポヴァレーを皮切りに、オレゴンの2つのワイナリーで働いた時、最新技術によるテスト結果をワイン造りの現場にフィードバックする体制と、オープンなアングロサクソン人の姿勢に多くのことを学びました。(もしシノンに帰らなければ、オレゴンに住もうと思ったくらい強く惹かれた場所だそうです)

オーストラリアのハンターヴァレーで、凝縮感がありアルコールが高く、インパクトの強いワインに触れて、世界のワインの多様性という観念を理解できました。それぞれのワインは、ブドウが育った土地と人柄に似るんだ、ということがはっきり分かったのです。
最後の海外研修となったニュージーランドでは、ハンターヴァレーとは逆に、冷涼な天候の元で育つピノ・ノワールによるワイン造りを通して、気候風土を活かしたワインを造れば良いのだと気づきました。同時に、自分の家族はなんて素晴らしいブドウ畑を守ってきたのかを自覚したのです。
ニコラは、2005年の春、ニュージーランドでの仕込みを終えて家族が待つ故郷に戻りました。

a0157027_1831799.jpg


●栽培・醸造
表土の下は「テュフォー」または「ミラルジュ」と呼ばれる石灰質の岩盤がソミュールから続いており、その上を粘土質や珪質土壌の層が覆っています。その深さは丘の上部で30cm、下部で1.5mほどです。
9haのブドウ畑は13に区切られていますが、昔の人は区画を分ける際に、傾き加減などとともに、地質によってブドウの生育が異なるため、作業内容と効率を考慮して分けたことがうかがわれます。

グロボアで育てるブドウは全てカベルネ・フランです。
蔵に戻ってニコラが初めに取り掛かったことは、収量の低減です。味がのったブドウを育てられるよ35hl/haを目標として、全区画を徹底して冬の剪定と果実の間引きをしました。翌年は、樹齢や地質が違えば当然樹勢も違うため、前年の結果を参考に樹の状態を見ながらブドウの量を調整し始めました。

a0157027_1830026.jpg


「樹を見て聞き、手でブドウと話す」
ブドウ畑に出ると、樹一本一本の樹勢を見てまわり、生育状況を徐々に把握できるようになりましたブドウは健康か、それともいつもと違って調子が悪いのか。それに応じて仕事内容が変わります。7月に行う間引きも、樹勢や枝振りを判断してブドウがきちんと熟してくれるように考えながら行います。(平均25~30%のブドウを切り落とす)
「手で話す」という意味は、手作業で樹の面倒をみるということです。2007年から除草剤や防虫剤といった合成化学物質による農薬をやめました。ブドウ自体が生育のバランスを取ることができれば、樹は健康に育ってくれ、ひ弱でなくなる。地中の成分をしっかりと吸い上げて優れたブドウが成熟するのです。

2008年は、両親の支持と仲間のヴィニュロングループの協力によって、手摘み収穫をすることができました。結果は目覚しい品質アップとなり、以後全てのキュヴェを手で収穫しています。その上、ブドウの温度が上がらないように、収穫は午前中の早い時間だけに限定しています(12~14℃)。 
2009年の良好な結果をもとにして、より良いブドウ作りを目指して「ビオディナミ農業」を考えています。現在ビオロジックの認定団体「エコセール」に申請中です。

Vins
a0157027_1954119.jpg

〇Cuisine de ma mere(キュイジーヌ・ド・マ・メール) 2010 AOCシノン  
品種カベルネ・フラン100% 
 
土壌・栽培
クラヴァン・レ・コトー村の平地部分にある2.0haの畑。樹齢:12年。
他のキュヴェより粘土をやや多く含んだ砂が混ざる土壌。
ビオディナミの認証「デメテール」に申請中で、2012年に取得予定。

手摘み収穫してぶどうが潰れないようにプラスティックケースに入れて運搬。
収量:約45hl/ha

醸造・熟成
カベルネの野菜っぽさを出さないように、原料ブドウの50%はすぐに圧搾し、残りは除梗後、セニエ方式にしてマセラシオンを長くしないように注意した。

3日間プレフェルマンタシオン。
天然酵母によるアルコール発酵は15日。
タンクで8ヶ月熟成。

ワインの特徴
若木のブドウを使い、カベルネ特有のベジタルのニュアンスが出ないように、マセラシオンの仕方を工夫した。アルコール度が11.5%と少し低く、フルーティーな味わい。

ワイン名は「母の手料理」という意味で、日常的に飲んでもらえるような身近なワインであってほしい。そして、心のこもった母の手料理と一緒に楽しんでほしい、という気持ちが込められている。


〇Gabare (ギャバール)2009 AOC シノン  
カベルネ・フラン 100%  

土壌・栽培
砂が混ざる粘土質土壌。4.5haの畑は斜面の中腹にあり、素晴らしい日照量を得られる。
樹齢:平均40年。手摘み収穫してぶどうが潰れないようにプラスティックケースに入れて運搬。収量:約40hl/ha

醸造・熟成
除梗を100%してセメント槽に投入。2、3日間12~14℃にてプレフェルマンタシオン。天然酵母によるアルコール発酵とマセラシオンを含めて15日。2日に1回のピジャージュは、とても優しく細心の注意をはらって行う。その感覚を例えるなら「手の平でマッサージ」するかのよう。タンクで12ヶ月熟成。
SO2は発酵中には使用せず、翌年の6月以降、熟成庫の気温が10℃を超える時期が来ると少量添加する。ビン詰め時は分析結果によって加える場合もある。

ワインの特徴
カベルネ・フランの青っぽさがワインに移らないように、完熟したブドウを収穫することを特に注意する。また100%除梗し、丁寧なピジャージュをするのもカベルネのネガティヴなニュアンスを避けるため。

ギャバールは、生産量全体の50%を占める主力ワイン。
キュヴェ名は、「貨物運送船」。昔、ワインを運搬するのは、河川を行きかう貨物運送船だった。現在あるワイン産業の発展は、貨物船の労働者のお陰だからと、感謝の気持ちをこめて名付けた。

a0157027_1839561.jpg

a0157027_18323183.jpg

a0157027_18324774.jpg


〇Clos du Noyer (クロ・デュ・ノワイエ) 2009 AOC シノン  
カベルネ・フラン100%  

土壌・栽培
砂が混ざる粘土質土壌。「ギャバール」の区画より表土が浅い。斜面の高い部分に位置する1.2haの畑は、南向きで最高の日照量を得られる。
樹齢:25~60年。手摘み収穫してぶどうが潰れないようにプラスティックケースに入れて運搬。収量:約30hl/ha

醸造・熟成
除梗を100%してセメント槽に投入。3日間プレフェルマンタシオン。天然酵母によるアルコール発酵とマセラシオンを含めて15日。ピジャージュは「ギャバール」同様、細心の注意をはらって実施。タンクで12ヶ月熟成。SO2の仕様は「ギャバール」と同じ。

ワインの特徴
「Noyer」とはクルミの木。ブドウ畑のそばにそびえるクルミの木が区画名になった。秋のブドウ収穫の後にクルミも採れる。石灰質の岩盤「テュフォー」によるミネラル分がワインに表れていて、背骨のように筋が通って、味わいにまとまりが出る。きめの細かいタンニンがとても心地よく、深く繊細な余韻を持ったワイン。


〇Vieilles Vignes(ヴィエイユ・ヴィーニュ) 2009 AOCシノン  
品種カベルネ・フラン100%  

土壌・栽培
砂が混ざる粘土質土壌。「クロ・デュ・ノワイエ」同様に表土が浅い。
樹齢90年を越える0.6haの区画。
斜面の高い部分に位置し、南向きで最高の日照量を得られる。

手摘み収穫してぶどうが潰れないようにプラスティックケースに入れて運搬。
収量:約30hl/ha

醸造・熟成
ブドウを100%除梗して、ベルトコンベアーの選果台を使い粒選りの選別をする。
セメント槽に投入し、2、3日間プレフェルマンタシオン。
天然酵母によるアルコール発酵とマセラシオンを含めて13日。
「クロ・デュ・ノワイエ」より少しマセラシオンを控える。ピジャージュは細心の注意をはらって行う。
果実の風味を残すためタンクで12ヶ月熟成。

SO2は発酵中には使用せず、翌年の6月以降、熟成庫の気温が10℃を超える時期が来ると少量添加する。ビン詰め時は分析結果によって必要なら加える場合もある。

ワインの特徴
ビン詰め後、若いうちはしっかりとした骨格が優位だが、少し熟成すると、横幅があって奥深い味わいに変わっていく。2009年はブドウが完熟したため、溢れるような赤い果実の風味があり、素晴らしくリッチな味わい。 ポテンシャルがとても高く、熟成が楽しみ。


パリのショップ&レストランでの取り扱い:
•トリアノン・パラス
•ホテル・マンダリン *1
•トロワグロ(ブティック)
•プティ・リッシュ *2
•カーヴ・パンテオン
•クデュボン *3
•ル・ガルド・ローブ
•クリュ・エ・デクヴェルト ほか合計50店

*1:2011年6月オープン予定。ギャバールとクロ・デュ・ノワイエを取扱い。
*2:オペラ界隈で130年の歴史をもつ風格あるクラシックレストラン。
*3:老舗ビストロ「シェ・ラミュロー」のオーナーが経営。

a0157027_18334941.jpg

[PR]
by w-inc | 2011-05-22 13:46 | Vin
<< VOGUE Les Compères 相棒... >>