W 「vin & vino, wines of the world, with you!」

Cyril Zangs

Cidre 2 Table
Cyril Zangs
8 rue de la gare
14100 Glos

a0157027_12353134.jpg

Caen(カーン)の東 約40km、カルヴァドス県 Lisieux(リジュー)に程近い村に本拠地を持つ Cyril Zangs(シリル・ザンク)。シードルのスペシャリストです。

a0157027_13553730.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------

THE FRUIT (果実)
The Essentiel Raw Material (必要不可欠な原材料)
a0157027_16354176.jpg

シリル・ザンクの果樹園では、甘味・苦甘味・苦味・ほんのりとした酸味やすっぱさ・・・、それぞれ固有の風味を持った15種ものリンゴが育てられています。樹齢15~60年のリンゴの樹になった果実は、10月初旬~12月中旬ころ、ちょうど熟したときに収穫されます。地面にはカンバスシートが敷かれ、果実を痛めないように、そして清潔さを保って収穫します。リンゴは、品種ごとに分けられ、最大25kgまで入る網の袋に入れて蔵に運ばれます。蔵では、約6週間ほど、さらに熟す期間が設けられます。その後、味わいのベスト・バランスを生み出すように果実を分け、次の工程=リンゴをすりつぶす工程に移ります。


THE JUICE (果汁)
The Magic of the Fermentation Process(醸造工程の神秘)
a0157027_16381648.jpg

グラインダーでリンゴを細かい粉末状にした後、木製プレスで圧搾します。得られる琥珀色のリンゴ果汁は、密度1057~1065。それからステンレススチールタンク内で天然酵母によって発酵が始まります。数回の澱引きを行い、5,6ヶ月経った後、シードルは、フィルターなし・最大でも20mg/lのSO2量でビン詰めされます。そして発泡性が出てくるまで2,3ヶ月水平に寝かせて保管されます。


THE BOTTLE (ボトルの最終作業)
The Pleasure of Opening a Bottle (抜栓する楽しみ)
a0157027_16383496.jpg

その後、ボトルは、ピュピートルで数週間ルミアージュ(瓶を少しずつ回して、繊細な風味や泡を整えつつ、澱をビンの口元に集める作業)を経て、デゴルジュマン(抜栓し澱を飛ばす作業)に移ります。
デゴルジュマンで減った分は、同じときにデゴルジュされた同一のシードルが加えられます。その他の添加物は全く用いません。
そしてシードルのボトルは、再び王冠でフタをされ、洗浄・ラベル貼りを経て完成品となります。あとは適温(少しだけ冷やし目)で、食中酒またはアペリティフとして、このヴィンテージのシードルを開けるだけです! Santé!!

a0157027_1236319.jpg

ラインナップ
Cidre 2009 Brut

Cidre 2009 XS  [写真左]
(Extra-Dry, サンスフル)
甘味を感じさせない辛口の仕上げ。少し温度を上げて食中酒としてどうぞ。和の食卓でもいけますよ。

Cidre 2009 This Side® Up [写真右]
シードル ディス・サイダー・アップ
シリルが特に大事にしている単一区画のリンゴで仕込んだシードル。極少量生産。

a0157027_1237776.jpg




http://cidre2table.com/happy-new-year

“ Aimez les choses à double sens, mais assurez-vous bien d'abord qu'elles ont un sens.”
- Sacha Guitry

(英訳)
"Do things with double meaning, but make sure first that they have meaning."
- Sacha Guitry

(日本語訳)
“物事は、2重の意味を込めてやりなさい、でも意味のあることをやるようにね。“
- サシャ・ギトリ
(フランスを代表する劇作家、映画監督)
[PR]
by w-inc | 2011-05-05 12:58 | Vin
<< Les Compères 相棒... いつもの >>