W 「vin & vino, wines of the world, with you!」

Sylvain Martinez

Sylvain Martinez
シルヴァン・マルティネズ

産地:ロワール地方、アンジュ地区 

「自然と調和した感覚」
「Vin Artisanal  職人肌の手作りワイン」
a0157027_16554448.jpg

●蔵元 
 ロワール西部の都市、アンジェ市から南東約20kmにある小さな村、シュメリエの新しい蔵。シルヴァン・マルティネズは、体格はそれほど大きくないですが、がっしりと逞しく、黒い無精ひげを顔中に生やした34歳。ワイン造り以外については余りしゃべらず、無口で控えめな人柄です。
 農業を営んでいた祖父の後を追いかけて子供時代をすごしたせいで、小さな頃から自然が大好きだったシルヴァンは、早くから農業を目指しましたが、とりわけ懇親性があって深い文化を持つ「ワイン」に惹かれました。ワイン造りの仕事に就き、大小数ヶ所の蔵元で働いて経験を積んでいきました。
 一つの果物が自然の作用によって味わい豊かな飲み物に変わることが、魔法によってできているようで、とても不思議に感じられ、どんどんその世界に引き込まれていきました。
 そして独立するまでの数年間を、ロワールの自然派の重鎮 マーク・アンジェリ、ルネ・モス、オリヴィエ・クザンらの下で働きました。
 最後に働いたのは、馬で耕作する研修を開くほどの腕前を持つ造り手オリヴィエ・クザン。彼はSO2無添加でワインを作っています。彼と共にビオロジックでブドウを育て、馬を操って土を耕す仕事をしながら、自然環境を重んじる農業と共に、SO2無添加でのワインを造りに感銘を受けて、自身のスタイルにとりいれてゆきました。こうして2007年に独立したのです。

a0157027_16564772.jpg


●栽培・醸造
 ロワールでは、年によっては夏が涼しくなることがあるため、熟してしっかり味がのったブドウを育てるには、何よりも収穫量を抑えなければいけません。そのことを気にして、最初の2年は冬の剪定を短くしすぎてしまい、収量は極僅かの10hl/haになりました。
 果皮をしっかりと厚くし、ブドウが成熟するまで樹に生らせて待てるのは、ブドウの樹齢と地質にもよりますが、彼の畑であれば30hlくらいまでの収量なら大丈夫です。しかし彼は、何より優先するのは「品質」と考えて、20hlを越えないようにしっかりと剪定しています。
 1株に2枝伸びる仕立てにして、各枝に4芽が出るように、非常に短く剪定します。4月に入り、芽吹きして展葉しはじめると、株の芽欠きや、余分な細枝を一つ残さず取り除きます。
 土を耕すのは、2頭の馬。土を固めないから通気性が保てて、小動物が育ちやすく、生きた土作りに良い影響が出るとのこと。トラクターより仕事のスピードは遅く効率が悪くても構いません。逆にブドウの樹を1本ずつきちんと見ることができるため、木の生育具合が良く分かるのだそうです。そして馬が疲れたら休憩する。馬をいたわる気持ちは、自然を一番に考えて農業をする意識を持たせてくれます。

「馬で耕していると自分が自然に調和したような感覚になります。」と、シルヴァンは語っています。

 とても生産量が少ない蔵ですが、自分にできることを最大限して、美味しいワインを造りたい。飲んで喜んでくれる人が一人でも多くいてくれれば嬉しい、という思いが伝わってきます。

2haのブドウ畑は、1992年からビオロジック農業の認定「カリテフランス」を取得した区画。
80%がシュナン・ブランで、20%がグロロー・ノワールです。
収穫は手摘みで、ブドウがつぶれないように小さなプラスティックケースに入れて運びます。

醸造について:
圧搾機は木製垂直式(手動タイプ)
白ワインは絞った果汁をタンクでデブルバージュ(清澄)した後、古樽に移して天然酵母による発酵。こうすると樽ごとの発酵の遅れが出にくくなります。冬、低温になるとアルコール発酵は中断しますが、清澄度が増します。春になり気温が上がると、発酵が再開します。そうして発酵が終わって、ワインは熟成しながら、もう一度次の冬を越える間に、ワイン中の余分な成分が澱となって自然沈殿します。時間がかかっても、ワイン自体のリズムを尊重してワイン造りをすると、人為的な清澄やろ過をしなくても済みます。

赤ワインは、房ごとタンクに入れて、発酵・マセラシオンさせます。その期間はブドウの成熟具合によって違いますが、およそ15日です。その後、古樽に入れて熟成に移ります。

白・赤ワインとも全ての段階において、木樽の内部を燻蒸する以外、SO2を一切使わずにビン詰めします。当然、「ブドウ以外の物質」を全く添加しないワイン造りをしています。

a0157027_16592520.jpg

◎Gazouillis ガズゥイ (2010) ヴァン・ド・フランス  
品種 シュナン・ブラン
土壌 コトー・デュ・レイヨン地区にある畑で、樹齢は7年と20年。粘土質に砂利が混ざる土壌。

収量:20hl/ha

醸造・熟成
木製の垂直式圧搾機から得られる果汁は、濁りが少ない上、手作業で圧力を控えるため、一層きれいになる。古い木樽にて9ヶ月かけて発酵と熟成をさせた後、ガスを残すようにゆっくりとビン詰めして、若干発泡性を残しました。熟成中は、細かな澱と一緒の「シュール・リー」状態にして複雑味を引きだす。SO2は一切無し。清澄・ろ過をせずにビン詰め。

コメント
「Gazouillis」とは「(幼児の)片言、さえずり」という意味を持つ。生まれたてのワインが、話し始めた、成長した嬉しさが込められている。
2010年の特徴:フルーティーかつフレッシュ。新鮮な果実味が2009年との大きな違い。ノンフィルターのため若干白濁している。

◎Goutte d’O グット・ドー (2008) ヴァン・ド・フランス  
品種 シュナン・ブラン
土壌 コトー・デュ・レイヨン地区にある畑。樹齢は7年と20年。粘土質に砂利が混ざる土壌。

収穫率:10hl/ha

醸造・熟成
木製の垂直式圧搾機から得られる果汁は、濁りが少ない上、手作業で圧力を控えるため、一層きれいになる。古い木樽にて18ヶ月かけて発酵と熟成をさせた。熟成中は、細かな澱と一緒の「シュール・リー」状態にして複雑味を引きだす。SO2は一切無し。清澄・ろ過をせずにビン詰め。

コメント
ワイン名は、黄金色に美しく輝くさまと、生産量がとても少なく宝石のように大事にしたいと言う思いをこめて。濃厚な果実味があり、力強く、そしてミネラル感がしっかりある。


◎Goutte d’O グット・ドー (2009) ヴァン・ド・フランス  
冬の剪定を2008年よりやや長めにした。品質を第一番に追求するが、収量を下げても品質が無制限に向上するわけではないので、バランスを考えている。収量:25hl/ha

醸造・熟成
古い木樽に入れてから、発酵が2ヶ月ととても長くかかった。寒さが厳しくなった12月に澱引きし、再度木樽に移し替えたことで、荒い澱を除去することができた。その後、熟成が終わるまで樽でゆっくりと熟成。発酵と熟成をあわせて18ヶ月。

2009年の特徴:
乾燥した8月だったが、9月上旬に雨が降り、ブドウの房が育ち最良の状態で成熟した。収穫は晴天の下、健全なブドウを摘み終えた。2008年は収穫時に濃い黄金色になり、干しブドウ状態の粒が混ざる過熟ぎみの成熟だったが、2009年は少し貴腐果が混ざる程度で、全体的に房に張りがあった。きれいな黄金色をしており、シュナン特有のしっかりとした酸味も残った。品質と生産量共に申し分のない素晴らしい年になった。


◎Corbeau コルボー (2009) ヴァン・ド・フランス  
品種 グロロー・ノワール  
土壌 コトー・デュ・レイヨン地区の畑。樹齢は30年と80年。石灰質土壌。

収穫率:20hl/ha

醸造・熟成
房ごと「セミ・マセラシオン・カルボニック」の手法で醸造し、フルーティーな果実の香りを表現。古い木樽にて約1年間、澱引きをせず静かに熟成。SO2は一切無し。清澄・ろ過をせずにビン詰め。

コメント
「Corbeau」とはカラスという意味。果皮の色がカラスのように黒いため、地元ではグロローを俗名でこう呼ぶ。逆にカラスのことを「Grolle(グロール)」と呼んでいる。
グロローのほうがカベルネより色が少し薄いのに、カラスと呼ばれるようになったのは、グロローのほうがこの地域に前からあった品種で馴染みが深いからでしょう。


◎Corbeau コルボー (2010) ヴァン・ド・フランス
2010年はグロローが成熟するのに十分な日差しがあり、生産量も安定していた。アルコール発酵がとてもスムーズだったため、発酵中の作業は2009年より短い15日だった。熟成も順調に進んで、翌年の春にビン詰め。よく熟した赤い果実のアロマがあって、細かなタンニンを果実味が包むようなまろやかな味わいが長く続く。

a0157027_1745095.jpg

[PR]
by w-inc | 2011-05-03 17:47 | Vin
<< Hausherr 料理通信、BRUTUS >>