W 「vin & vino, wines of the world, with you!」

近況報告&Wにできること

今年は、年明けから以前ほど出歩かず、自宅に篭って仕事をしていました。

会社の体力がまだ十分でなかったので交通費、飲食費、試飲会費を抑えていたこともあるし、
次の一歩を踏み出すために仕入れに集中し、新規取り扱いの造り手とのやりとりをしていました。

3月初めより新着イタリア便がリリースとなり、イタリアは新規造り手6軒+既存の造り手8軒に。
フランスは、4月中旬 ひそかに(?)期待していただきたい新規造り手5軒がリリースとなります。既存の造り手は、ミシェル・クーヴレーも入れて9軒(リエッシュ、パコリも到着します)。

いつものことですが、ギリギリまで仕入れにつぎ込みました。


W的には、そんな状況の中、東日本大震災が起こりました。
被災地の方々、そして被災地以外でも大きな影響を受けている方々に改めて心よりお見舞い申し上げます。

ニュースに触れる度に、胸が痛み、悔しい思いをしましたが、
被災地で飲食の灯りを絶やさぬよう、がんばっている
仙台 Note 板垣さん と チーム仙台、
盛岡 ヌッフ・デュ・パプ 伊東さん、ベルヴィル 佐々木さん、チーム盛岡。
彼らの行動とハートに敬意を抱きつつ僕にできること、Wにできることは何だろうと考えていました。


募金したくてもお金はない・・・。

・・・でもワインはある。一人分ですが人手もある。
そして、各地に協力してくれそうなお取引先と仲間がいる。(感謝!)
各地に、Wのセレクションを楽しんでいただいている飲み手がいる。(感謝!!)


規模は小さいかも知れないけどWでも被災地と全国の飲食店を応援してゆきたいと思いました。
「他人の心配より、自分の心配しろ!」と言われそうなWですが、
身の丈にあったやり方で応援しようと思っています。


いまのWにできること
Wでは当面、
「ワインの売り上げ1本あたり100円分」を活動費として、チーム東北に差し入れしたり、破損したワインを補填したり、場所は関係なく飲食費に使ったり、こんなときだからこそ食事会・ワイン会・試飲会を積極的に開いたり、そんな風にして、被災地・飲食店・食材の生産者をバックアップしてゆきたいと思っています。

(月間 1800本~3000本の販売 → 18~30万の活動費)


フランス、イタリアの造り手からも 「できることがあったら声をかけてくれ」 とメッセージをもらっています。
12月に一緒に東北ツアーをしてくれた Vinaiota の オータ社長 からのメッセージも参考にさせていただこうと思っています。http://vinaiota.exblog.jp/16069240/


「一緒にこんなことしようよ!」、というアイディアをお持ちの方も Welcome ですよ。
a0157027_17595775.jpg

僕らは同じ月を見てる

しっとりと雨に包まれた鎌倉にて。
W 若槻 
090-6006-8725
[PR]
by w-inc | 2011-03-21 18:00 | W
<< 食楽 5月号 Vini Japon 2011... >>