W 「vin & vino, wines of the world, with you!」

Pacory

PACORY
パコリ

a0157027_1644728.jpg

18世紀初頭からパコリ家は、ドンフロン地域で農家を営んでいました。
他の農民と同じように、家畜を育てる傍ら、リンゴと洋ナシからシードル、ポワレ、カルヴァドスを造っていました。
Grimaux グリモー農園は、1939年にパコリ家によって開かれました。私の父、クロード・パコリの代では、農園はさらに広げられ、同時にカルヴァドスの生産と洗練により磨きがかけられました。そうして瓶詰めと販売が始められ、たくさんの賞をいただくようになりました。
1986年に私たち二人がクロードの仕事を引き継ぎ、生産を続けています。農園に植わっているそれぞれの品種を分析し、より効果的な味わいの引き出し方を行っています。質の洗練と多様性を両立するよう努力を続けています。
a0157027_16451147.jpg


a0157027_1950411.jpg

Jus
洋ナシ ジュース
リンゴ ジュース
私たちのジュースは、自分の農園で薬剤を使わず、砂糖の添加なしで生産しています。このアプローチによって、« blanc »、« pommerat »、« branche »といった地品種の個性がより引き出されます。果汁を絞った後、瓶詰め直前に80度にて1分間殺菌を行っています。
食卓のテーブルに、運動の後などに、様々なシチュエーションでのどの渇きを癒しますよ。

Cidres et poirés
シードル と ポワレ
シードル
グリモー農園では昔からシードルを造ってきました。Frequin rouge やMarie Mesnardという一番渋みの強い品種を選んでいます。手摘みで収穫した果実は、11月~12月に搾汁されます。初期の発酵後、ボトリングを行い、瓶内2次発酵で泡が生まれます。
通常、2ヴィンテージをオファーしています。とてもフルーティなタイプ、またはちょっぴり苦味と酸味の効いたタイプの2種類です。

Poiré Domfront
Appellation d’Origine Contrôlée
ポワレ・ドンフロンAOC
グリモー農園では、Plant de Blancという品種を主力としてポワレ・ドンフロンを生産しています。理想の成熟度合いの時に手摘みで収穫し、ゆっくりとプレスにかけます(最長12時間)。その後、冷やしたタンク内でゆっくりと発酵を進め、全糖分の半分がアルコールに転換された時点で瓶詰めを行います。その後、自然に瓶内2次発酵が始まります。
ポワレ・ドンフロンは、果実味豊かな微発泡酒です。アペリティフ~デザートまで、様々な場面で活躍することでしょう。

“フレデリック・パコリは、このAOCの顔の一人であり、彼のポワレは、剣のようにまっすぐ磨かれている。バランスとフィネスをたたえた見本といえる。” "(Eric Conan, L'Express Mag, 01.08.2005).
a0157027_16454099.jpg

Pacory HP
http://www.pacory.eu/index.htm
[PR]
by w-inc | 2010-07-24 19:50 | Vin
<< Felicita Bar リストランテ宿屋 >>